ケータイ用ヘッダー
一覧に戻る

国登録有形文化財 建造物
金沢町家兼六(かなざわまちやけんろく)
金沢市昭和町9番10号
明治21年(1888)頃/昭和13年(1938)改修
令和元年9月10日登録
一 国土の歴史的景観に寄与しているもの
 
市街地から海側に伸びる金石街道沿いに北面して建ち、六枚町から中橋の交差点の間に位置しています。正面を洋風意匠で整えた「看板建築」と呼ばれる建物です。明治21年頃に建てられましたが、昭和13年(1938)の都市計画街路事業によって前面道路が拡幅され、建物の前半分が取り壊され、現在の外観となりました。正面の意匠は当時の金沢第一中学校(現泉丘高校)の数学の先生がデザインしたものとされ、昭和初期の趣向を伝える町家です。現在はゲストハウスとして活用されています。

外観正面
外観正面
茶の間
茶の間

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp
ケータイ用フッター