本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のQ&Aから本籍を移すときの手続き(転籍届)はどのようにするのですか。
印刷用ページを表示する
 

本籍を移すときの手続き(転籍届)はどのようにするのですか。

質問

本籍を移すときの手続き(転籍届)はどのようにするのですか。

回答

戸籍の本籍を移すときは、転籍届を市民課又は各市民センターに届出していただく必要があります。
※夫婦がそれぞれ別々の場所を本籍地とすることはできません。

戸籍の筆頭者及び配偶者を除く、戸籍に記載されている成年の方が単独で本籍を移したいときは、分籍届をすることができます。
分籍届の手続き方法についてはこちらを参照してください。

<届出人>
 戸籍の筆頭者及び配偶者。ただし、届出人が15歳未満の場合は法定代理人となります。
 ※夫婦の一方の方が亡くなられているときは、おひとりで届出することができます。

<届出先>
 市民課又は各市民センター
  (届出人の方の所在地又は本籍地若しくは新本籍地が金沢市の場合)

<必要なもの>
 ・転籍届 1通(届出用紙は全国共通です。)
  ※市民課及び各市民センターで転籍届の用紙と、書き方の説明書をお渡ししています。
 ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) 1通
   (金沢市内間で本籍を移す場合に、市民課又は各市民センターで届出する場合は必要ありません。)
 ・届出人の印鑑(配偶者の方と届出をする場合は、筆頭者の方と配偶者の方それぞれ別の印鑑をご持参ください。)

<注意事項>
(1) 転籍届出後の新しい本籍について
 新しい本籍は、日本国内で、届出の時点で存在する地番であれば、どこの場所でも本籍地とすることができます。

(2) 市外から本籍を移した場合の転籍届後の新しい戸籍について
 死亡や婚姻等で転籍前に戸籍から除籍されている方は、転籍後の新しい戸籍には記載されません。

(3) 転籍届の住所欄への記入方法について
 ・現在、住民登録をしている住所を記入してください。
 ・転籍届と同時に金沢市内で(に)住所等を変更される方は、届書に新しい住所を記入し、同時に住所変更に関する届出をしてください。
 ・住所の変更の際は、別途「住民異動届」等の書類が必要です。
  ※詳しくは、市民課又は各市民センターにご確認ください。

関連リンク

お問い合わせ先

市民局 市民課
電話番号:076-220-2241
FAX番号:076-224-2163
shimin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。