金沢市

能

「能」の起源をたどれば、その歴史は奈良時代にまでさかのぼります。
現在の芸能としての「能」の形になったのは、室町時代です。戦国時代に一時衰退しましたが、織田信長の時代に盛り返し、豊臣秀吉の時代に国家的規模で保護され全盛を極めました。豪壮な能舞台がつくられ、装束が一段と豪華になったのはこの頃です。

 

能楽には観世、金春、宝生、金剛、四流派があり、秀吉は金春流を取り立てていました。その影響もあり、前田利家もまた金春流をひいきにし、能を観賞する事はもとより、自分でも能を舞って見せる程の愛好家でした。利家の能好きは、二代利長、三代利常にまで引き継がれました。

 

更に、能楽は徳川時代に幕府の庇護で最盛期を迎えました。喜多流が樹立を許され、現在に伝わる五流派が勢揃いしたのはこのころです。

能会

五代将軍綱吉が宝生流をひいきにしていたことから、当時の加賀藩主綱紀もそれに習い宝生流に関心を高めました。先代まで金春流が主流だった加賀藩内に宝生流が広がり、役者も綱紀の命により流儀を代えることになりました。このように宝生流は全国各地でも広がり、それぞれその土地の名前がつけられ、加賀地方で広がった宝生流は「加賀宝生」とよばれるようになりました。

能メニュー

お問い合わせ先

経済局 営業戦略部 観光政策課
電話番号:076-220-2194
FAX番号:076-260-7191
kankou@city.kanazawa.lg.jp

生活に関するQ&A