本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップからPick Up 武家屋敷跡 野村家
印刷用ページを表示する
 

Pick Up 武家屋敷跡 野村家

ピックアップ 武家屋敷跡 野村家

ピックアップ紹介

野村家_タイトル

野村家_画像

加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡
敷地は代々前田家の奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡。武家制度の解体を受け、庭園の一部を残して館は取払われました。持ち主が転々とした後に、「北前船」船主であった久保彦兵衛が藩主を招いた豪邸の「謁見の間」「上段」を移築したのが現在の野村家跡です。
 

日本庭園_タイトル

日本庭園_画像

有無を言わせぬ密な日本庭園の世界
高低差のある園内には、一見過剰すぎる程の樹木、灯籠、庭石、曲水が見事なバランスで配置され、ぐっと引き込まれる密な世界が広がります。錦鯉が住まう曲水が濡れ縁下まで続き、苔むした大小様々な名石、奇石が目線を奥へと誘い、狭さを感じさせません。初夏には蒼蒼とした緑が、冬には6尺もある4つ脚の大雪見灯籠の藁囲いを見られます。米国庭園誌の日本庭園ランキング3位、ミシュラン2つ星の小堀遠州好みの「真の庭」の代表格として高く評価されています。
 

ヤマモモ_タイトル

ヤマモモ_画像

野村伝兵衛の郷愁
尾張出身であった野村伝兵衛は、郷愁から尾張の樹木を庭園に取り入れようと色々と試みますが、気候の違いから根付くものは多くありませんでした。ヤマモモは、うまく根付いた尾張ゆかりの樹木のひとつで、樹齢は400年を超えています。

 

上段の間、謁見の間_タイトル

上段の間、謁見の間_画像

紫檀・黒檀の間
藩主を招いた上段の間は、当時の高級輸入材であった紫檀や黒檀に緻密な細工を加えた木材をふんだんに使用。添乗は総檜づくりという格調高い作りに。また襖絵は、狩野派の最高峰佐々木泉景が描いた山水画と、大聖寺藩士の山口梅園作の大胆な白い牡丹が印象的です。


 

ページトップへ

お問い合わせ先

都市政策局 企画調整課
電話番号:076-220-2031
FAX番号:076-264-2535
kikaku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。