本文へジャンプ

兼六園花便り 令和元年5月5日(1205号)

兼六園菊桜
兼六園菊桜(令和元年5月5日撮影)

季節の花は初夏へと移ろい、若葉につつまれます。
「綺麗だねー 秋の紅葉のときにもまた来たいね」と家族連れの声。

花びらの中心は紅色の“兼六園菊桜”は満開です。
およそ300枚余の花びら。藩政期に御所から賜った御所桜。昭和3年に三好理学博士の調査によって
「ケンロクエンキクザクラ」と命名されています。現在は三代目。

鮮やかな色の小さい花のキリシマ系の“ツツジ”、大型の花のオオムラサキなどのツツジが
若葉に映えます。
同じツツジ科の“レンゲツツジ”やシャクナゲ、ドウダンツツジも園内を彩ります。
曲水には数本カキツバタが見えます。

 

ツツジ
ツツジ

レンゲツツジ
レンゲツツジ

瓢池茶亭の窓際の棚に咲く“白藤”に綺麗!白って珍しいねと女子数人。
不老坂藤棚には青紫色の“藤”。
 
「藤波の花は盛りになりけり平城の都を思ほすや君」 万葉集

コマユミの小さな緑色の花、バイカイカリソウの白い小さな花はうっかり見逃しそうです。

 

白藤
白藤

藤

5月5日(日)記
 
兼六園開園時間  3月1日から10月15日まで 午前7時~午後6時 
早朝開園時間    4月1日から8月31日まで 午前4時開園
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp