本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 令和元年8月3日(1218号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 令和元年8月3日(1218号)

ホツツジ
ホツツジ(令和元年8月3日撮影)

園内を巡る水。豊富な水は霞ヶ池を満たし、一方常磐ヶ岡斜面の渓谷となって流れ落ちる音や噴水に癒されます。

瓢池の高さ6,6mを勢いよく落ちる“翠滝”は滝壺はなく、工夫された石組みに落ちるその音は響きます。

常磐ヶ岡に咲く“ホツツジ”(穂躑躅)。
白い花から飛び出した花柱が特徴。日本特産種。山箒ともいわれるそうです。
 

翠滝
翠滝

フジバカマ
フジバカマ

オミナエシに続いて“フジバカマ”も開花していました。白い糸のような花びらです。
奈良時代以前に帰化した植物。香草、蘭草ともいわれます。

園内には名松や名称のある松その他多くの松が植えられています。
“巣ごもりの松”は七福神山に植えられている樹齢200年といわれるアカマツ。藩政時代からの松。

また、昭和20年の6月に軍用航空機の燃料のため松脂を取ったという“松の傷”が残る梅林のアカマツ。他の場所にも見られます。
 

巣ごもりの松
巣ごもりの松

松の傷
松の傷

8月3日(土)記
 
兼六園開園時間  3月1日から10月15日まで 午前7時~午後6時 
早朝開園時間    4月1日から8月31日まで 午前4時開園
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。