本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 令和元年9月28日(1226号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 令和元年9月28日(1226号)

サンザシ
サンザシ(令和元年9月28日撮影)

 「“キンモクセイ”の香りするね」と家族連れの会話。甘い香りが漂います。およそ一週間で散ってしまいます。
燃えるような“ヒガンバナ”。金沢神社横の植え込みに毎年お彼岸の頃に咲きます。今年は遅れて開花です。
  
黄色い雄蘂の数が多い“チャノキ”の花。白と黄色のコントラスが美しく、葉陰にうつむいて咲いています。
「茶の花は雄蘂の奢り日は沈む」  中村草田男
 

キンモクセイ
キンモクセイ

ヒガンバナ
ヒガンバナ

一週間の間に、“サンザシ”は真っ赤に実っていました。不老坂近くに植えられています。
足をとめて名札の「山査子」を見て歌にあったねと女性の声。
5月の半ばに真っ白い花を咲かせたバラ科の植物です。中国原産。実は薬用に用いられます。

エゴノキ、モチノキ、ウメモドキも実ります。長谷阪付近では落ちたギンナンも見られます。
たわわに枝垂れた“ハギ”の花は散り始めていました。
フジバカマ、シュウメイギクはまだ楽しめます。
 

チャノキ
チャノキ

ハギ
ハギ

9月28日(土)記
 
兼六園開園時間  3月1日から10月15日まで 午前7時~午後6時 
早朝開園時間    9月1日から10月15日まで 午前5時開園
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。