本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 令和2年7月4日(1258号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 令和2年7月4日(1258号)

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ(令和2年7月4日撮影)

雨の中、千歳台に歩を進めると、“赤松”(手向松)の幹や枝は濡れて赤色がより濃くなり、
太い幹、横に大きく張った枝ぶりに改めてその見事さを感じさせられます。
明治13年に植えられたものです。

眺望台付近の“ヤブカンゾウ”。多行松の足元に赤みがかった橙色の花は鮮やかです。
万葉集では忘れ草と詠まれています。
梅林にむかう千歳台下には“ハンゲショウ”の群生。緑と白のコントラスが美しく、遠くからでも目立ちます。
 

赤松
赤松

ハンゲショウ
ハンゲショウ

爽やかな淡い紫色のギボウシ、白い花のナンテン、ハギは梅林に。
足元では“リュウノヒゲ”やヒメヤブランの紫系の小さな花が咲いていました。
    
葉の陰に下がる“エゴノキ”の実は緑系。
キササゲの花は目の高さに咲いていました。早くも実になっているのもあり、これからどんどん伸びます。

雨にうたれるスイレンは風情があります。
 

リュウノヒゲ
リュウノヒゲ

エゴノキ
エゴノキ

 7月4日(土)記
    
兼六園開園時間   3月1日から10月15日まで午前7時から午後6時まで
早朝開園時間     4月1日から8月31日まで午前4時開園
   
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。