本文へジャンプ

兼六園花便り 令和2年8月22日(1265号)

ナンバンギセル
ナンバンギセル(令和2年8月22日撮影)

静かな庭園に蝉の鳴き声が聞こえてきます。
時折冷たい風が吹き抜けていきます。

秋の七草のハギ、オミナエシ、フジバカマが今楽しめます。
梅林の舟之亭横の“ハギ”。蝶型の紅紫色の花が可愛く、大きな叢は亭の窓辺を彩どります。
すらりとした茎の“オミナエシ”。黄色い花には蝶々がとまっていました。
 

ハギ
ハギ

オミナエシ
オミナエシ

背丈より高い“フジバカマ”。茎の頂に淡い紫色の花が咲いています。
梅林や金沢神社前の植え込みなどにみられます。

ススキの根元の“ナンバンギセル”は咲いていました。不思議な形です。
咲いている様子が南蛮の煙管(キセル)に似ているところから名前がついたということです。

“タラヨウ”の高木の樹。モチノキの仲間です。超楕円形の葉は厚く、葉の裏に文字の傷をつけると黒く文字が浮かび上がってきます。別名 はがきの木とも呼ばれています。
 

フジバカマ
フジバカマ

タラヨウ
タラヨウ

 8月15日(土)記
    
兼六園開園時間   3月1日から10月15日まで午前7時から午後6時まで
早朝開園時間     4月1日から8月31日まで午前4時開園
   
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp