本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 令和3年3月7日(1290号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 令和3年3月7日(1290号)

カラミザクラ
カラミザクラ(令和3年3月7日撮影)

いろいろな種類の梅が咲いて、紅白の梅林は見ごろをむかえています。
小さなバラのような“マヤコウバイ”(麻耶紅梅)、“八重紅しだれ梅”も咲いて華やかになりました。
中には散り始めた梅も見られます。

「一輪を五つに分けて梅ちりぬ」 蕪村
 

マヤコウバイ
マヤコウバイ

八重紅しだれ梅
八重紅しだれ梅

梅林には黄色いマンサクにつづいて、黄色の“ダンコウバイ”(クスノキ科)や“サンシュユ”、トサミズキも咲いて黄色の競演です。ダンコウバイの前では珍しそうに眺めている姿も見られました。

兼六坂側のツバキカンザクラ(椿寒桜)と百万石通り側の“カラミザクラ”(唐実桜)が咲いていました。
カラミザクラは雄しべが長く、中国から渡来した実桜です。
小さな花のクマガイ(桜)も今にも咲きそうです。冬を通して咲いていた十月桜、冬桜も見ごろです。

赤、白、桃色の椿も次々に咲いて、花を見ながらの散策も楽しめるようになりました。
 

ダンコウバイ
ダンコウバイ

サンシュユ
サンシュユ

 3月7日(日)記
    
兼六園開園時間   3月1日から翌年10月15日まで午前7時から午後6時まで 
早朝開園時間     3月1日から3月31日まで午前5時から午前6時45分まで
   
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。