本文へジャンプ

兼六園花便り 平成27年9月19日(1021号)

来園者
来園者(平成27年9月19日撮影)

シルバーウイークに入り、より多くの“来園者”で賑わいます。

常緑樹の多い常磐ヶ岡に紅葉した“ドウダンツツジ”(灯台躑躅)が一本。
近くの布滝とともに観光客の人気のようです。

フジバカマ、ススキは盛り。オミナエシはそろそろおしまいです。
葉に白い斑の入った“タカノハススキ”(鷹の羽薄)は大きく風に揺れます。

「人ならば語らふべきを思ふこと薄はそよといふかひぞなき」好忠
 

ドウダンツツジ
ドウダンツツジ

タカノハススキ
タカノハススキ

楚々と咲く白い花のシュウメイギク、咲き始めた“ホトトギス”(杜鵑)。
ヒガンバナも今にも全開しそうです。
 

ホトトギス
ホトトギス

シデコブシ
シデコブシ

赤い実のウメモドキ、梅林の“シデコブシ”(四手辛夷)、常磐ヶ岡のサンザシ、
目立たない色のエゴノキなど様々な実が実ります。

9月26日(土)・27日(日)19時から21時 
「中秋の名月鑑賞の夕べ」が催されます。
 
                         9月19日(土)記 
  
     兼六園開園時間 3月1日から10月15日 午前7時~午後6時
    早朝開園時間  9月1日から10月31日 午前5時開園                       
      
    
兼六園は 土曜日・日曜日は 「県民観賞の日」
県民であるという証明があれば、無料で入園できます。
65歳以上の方は証明するものを料金所で提示すれば入園無料です。
 
(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp