本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 平成27年12月5日(1032号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 平成27年12月5日(1032号)

龍石の椿
龍石の椿(平成27年12月5日撮影)

落葉した木々の中に、前日の大雨、強風にも耐えて残る落葉樹の黄や茶の葉が見えます。
24節気では12月7日は大雪(たいせつ)。雪の降る時節となります。

遅めに紅葉した“ドウダンツツジ”は人の目を引きます。
氷室の跡の水面すれすれに黄葉した“モミジ”の枝。風がさっと吹くと枝ごとふわりと浮き上がります。
 

ドウダンツツジ
ドウダンツツジ

モミジ
モミジ

初冬を彩る花は十月桜、ことじ椿、ワビスケ、サザンカ。“龍石の椿”も咲き出しました。
赤に斑入りのヤブツバキ系。斑の入り方が咲く花によって異なります。
すぐ横には龍石が横たわります。
梅林には真っ赤な実がついた見事なウメモドキの木。

放射状に縄模様の美しいりんご吊りの他に、高木などに施される“幹吊り”は
幹からそれぞれの枝を吊るします。根上松も幹吊りで枝を守っています。
 

幹吊り
幹吊り

留め石
留め石

これなんだと石を見つめる三人の男性。
棕櫚縄で丸い石を十文字に結わえた“留め石”。時雨亭お庭に入る橋の上にぽつんと
おかれています。ここからは入れませんよと風流な心遣い。
 
                        12月5日(土)記 

兼六園開園時間 10月16日から2月末日まで  午前8時~午後5時
早朝開園時間  11月1日から2月末日まで  午前6時開園                                                                                      
                           
    
                                                            
    
兼六園は 土曜日・日曜日は 「県民観賞の日」
県民であるという証明があれば、無料で入園できます。
65歳以上の方は証明するものを料金所で提示すれば入園無料です。
 
(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。