本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 平成27年1月10日(985号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 平成27年1月10日(985号)

わびすけ
わびすけ(平成27年1月10日撮影)

【兼六園】
常磐ヶ岡の木々をせわしなく飛び交う数羽の“シジュウカラ”(四十雀)。
うっすらと雪化粧の地面に時折舞い降りてきます。

 「むずかしやどれが四十雀五十雀」 一茶
 

シジュウカラ
シジュウカラ

白椿
白椿

西王母、ことじ、龍石の椿、ヤブツバキなどの他に“白椿”や小さな椿の“わびすけ”が咲いていました。
梅林には2本のわびすけがともに咲いています。サザンカも盛りです。

梅林のソシンロウバイは咲いて甘い香りがします。
カメラを向ける女性の姿がありました。
黄色い花びらが少し見えるマンサクは先週そのままの状態です。
梅の中で一番早く咲く八重寒紅は小さな蕾。周囲の梅の蕾より少し大きく感じます。
 

ジャノヒゲ
ジャノヒゲ

蓮花寺型灯籠
蓮花寺型灯籠

足元には“ジャノヒゲ”(リュウノヒゲ)のコバルトブルーの実。葉の中に隠れるように実っています。皮はうすく、むくと透明がかった白い種子が出てきます。

他にヤブコウジ、マンリョウ、オモト、ナンテンなどの赤い実が鮮やかです。

園内には沢山の灯籠が配置されています。
すらりとした灯籠は“蓮花寺型灯籠”。京都の蓮花寺のお庭にある灯籠と同じ特徴ある笠をしています。雪から守るためでしょうか、こもで覆われています。
1月10日(土) 記

【兼六園の開園、閉園時間】
3月1日から10月15日は午前7時~午後6時 
10月16日から2月末日は午前8時~午後5時

早朝開園は11月1日から2月末日まで午前6時開園です。

兼六園は 土曜日・日曜日は 「県民の日」
県民であるとういう証明があれば、無料で入園できます。
65歳以上の方は証明するものを料金所で提示すれば入園無料です。
 
(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。