本文へジャンプ

兼六園花便り 平成27年4月18日(999号)

ウコン(桜)
ウコン(桜)(平成27年4月18日撮影)

満開の名木・“兼六園熊谷”。ピンク色の濃い5枚の大きな花びら。可愛い!と若い女性の声が聞こえます。
色が重なってピンク色が華やかです。牡丹桜ともいわれる所以です。
加賀藩時代から楽しまれた桜。今はそのひこばえが大きくなったものです。
外国からの観光客など多くの人たちが桜の下で撮影です。

名木の“旭桜”も満開。白い5枚の花びら。花びらの先がやや細くなっています。
ヤマザクラ系は花と葉と一緒に楽しめます。初代は加賀藩時代に楽しまれた桜。
泉鏡花の文学にも登場します。

兼六園熊谷
兼六園熊谷

旭桜
旭桜

淡いピンク色が優しい“塩釜桜”は八重桜。ふりるのように波のある花びら。
この桜の初代も加賀藩時代に兼六園の中に建てられていた竹沢御殿の中庭にあったと
いわれています。宮城県の塩釜神社縁の桜です。

園内には多くの種類の桜が植えられています。
その中で淡い黄緑色の“ウコン(桜)”が咲いています。八重桜。
ショウガ科のウコンの根の色に似ているので名づけられたそうです。
日本武尊銅像の後ろ側に植えられています。

不老坂の近くに華やかな八重桜の“ヨウキヒ”。周囲にはカメラを向ける多くの人たちで
賑わいます。

塩釜桜
塩釜桜

ヨウキヒ
ヨウキヒ

シャクナゲやハナズオウ、ドウダンツツジ、リキュウバイ、トウツバキ、トキワイカリソウなども咲いています。カキツバタも1本咲いていました。

 
                            4月18日(土)記
    
     兼六園開園時間 3月1日から10月15日 午前7時~午後6時
     早朝開園時間  4月1日から8月31日  午前4時開園

兼六園は 土曜日・日曜日は 「県民観賞の日」
県民であるとういう証明があれば、無料で入園できます。
65歳以上の方は証明するものを料金所で提示すれば入園無料です。
 
(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp