本文へジャンプ

兼六園花便り 平成28年9月17日(1072号)

唐崎の松
唐崎の松(平成28年9月17日撮影)

1837年に植えられた“唐崎の松”。剪定の終わったその姿は厳かで美しい。
  
「松のねに風のしらべをまかせては龍田姫こそ秋はひくらし」  壬生忠岑 

 

ウメモドキ
ウメモドキ

シュウメイギク
シュウメイギク

庭園を散策中に赤い実に目がとまります。“ウメモドキ”。名前は葉や枝ぶりが梅に似ているので梅擬。
落葉後も実は残り冬の彩りになります。
モチノキも赤くなってきています。樹皮から鳥もちがつくられていたそうです。
実はいつのまにか小鳥に食べられてしまいます。
シデコブシの実も赤くなっています。
梅林に凛とたつ“シュウメイギク”。花びらのようにみえる白いがく。秋に菊の花に似た花が咲くので秋明菊。白い花のチャノキの花も咲いています。

ミズアオイ
ミズアオイ

キノコ
キノコ

青紫色の“ミズアオイ”(水葵)は金城池に。
 園内では季節折々にいろいろな種類のキノコが楽しめます。
 傘につぶつぶのある“キノコ”、赤いキノコが生えていました。 

9月17日(土)記 
兼六園開園時間 3月1日から10月15日まで 午前7時~午後6時  
早朝開園時間  9月 1日から10月31日まで 午前5時開園
 
                     
(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

お問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp