本文へジャンプ

兼六園花便り 平成28年12月17日(1085号)

ビナンカズラ
ビナンカズラ(平成28年12月17日撮影)

“雪”の載ったサツキは園内に点々と。前日降った雪は残っていました。
小雨に溶けながらも“千歳台”の芝生の上や通路の脇などに残ります。厚い雨雲に白黒の景色です。
“海石塔”の立つ瓢池の島では、外国からの観光客は楽しげに雪を触ったり写真を撮っています。

雪

千歳台
千歳台

真っ赤な実は葉が落ちて目立ちます。
夕顔亭の後ろ側に“ビナンカズラ”(サネカズラ)が下がります。
学名にはジャポニカの名。赤い小さな実が集まって玉になっています。

「美男かつら誰がつけし名ぞ真くれない」  山崎豊女

梅林の舟之御亭内に腰かけてからの眺めに、雪吊りを通して“ナンテン”が見え、風情があります。
他にウメモドキ、サンシュユ、マンリョウ、オモト、ヤブコウジの赤い実。
 

海石塔
海石塔

ナンテン
ナンテン

十月桜は横の二世とともにほぼ満開。
冬桜の花数も増えて咲いています。

赤のことじ椿、白い椿、白や赤のサザンカも咲いています。

12月17日(土)記 
 

兼六園開園時間 10月16日から翌年2月末まで 午前8時~午後5時 
早朝開園時間  11月 1日から翌年2月末まで 午前6時 

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp