本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の兼六園花便りから兼六園花便り 平成30年8月11日(1169号)
印刷用ページを表示する
 

兼六園花便り 平成30年8月11日(1169号)

サネカズラ
サネカズラ(平成30年8月11日撮影)

幾重にも重なり、緑の濃淡が美しい“モミジ”の下を歩きます。
ケヤキやタブなどでつくられた木陰では観光客数人立ち止まり、水分の補給や兼六園の案内図を見たりしていました。

三芳庵近くの“サネカズラ”。万葉集にも詠われ、茎には粘液が含まれ髪を整えるために使われて、ビナンカズラともよばれています。雌雄の花が下がり、赤く見えるのは雄しべ。秋に真っ赤な実がなります。
 

モミジ
モミジ

サルスベリ
サルスベリ

時雨亭庭には夏の花の“サルスベリ”。長く咲き続けるところから百日紅。床柱にも利用される幹は樹皮がはがれやすく独特の樹肌をしています。

 

除草
除草

芭蕉句碑
芭蕉句碑

抜いても抜いても出てくる夏草。作業員さんによって“除草”されいつもきれいな庭園が保たれています。

山崎山裾にたっている石に刻まれている“芭蕉句碑”には「あかあかと日は難面も秋の風」と彫られています。旧暦の7月15日に金沢へと入られたそうです。新暦では8月でしょうか。

                                  8月11日(土)記   
 
    兼六園開園時間  3月1日から10月15日まで午前7時から午後6時まで 
    早朝開園時間   4月1日から 8月31日まで午前4時
                                                             

(このページは兼六園研究会会員 城森順子さんのボランティア協力により作成されています。)

問い合わせ先

都市政策局 広報広聴課
電話番号:076-220-2033
FAX番号:076-220-2030
kouhou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。