本文へジャンプ

KANAZAWA Civic Tech Contest 2018 審査結果

KANAZAWA Civic Tech Contest 2018 審査結果

「KANAZAWA Civic Tech Contest 2018」アプリケーション部門及びアイデア部門の審査の結果、以下の作品が受賞しました。

アプリケーション部門

グランプリ

ぶんべつクン
  • 受賞者
    佐藤 快星さん <個人(学生)>
  • 作品概要
    分別したいものを撮影するだけで分別方法がわかる、誰でも簡単にごみを正しく分別できるようになるアプリです。
  • 受賞のポイント
    問題の可視化、課題の解決方法の実現性、AI技術(ディープラーニング)を使った検証とともに、金沢市のオープンデータを有効活用されている点が評価されました。
  • 受賞者の声
     この度はこのような名誉ある賞をいただき、誠にありがとうございます。
     本コンテストに参加するにあたり、金沢市のリサイクル率を調べたところ、まだまだ改善の余地があると思いました。簡単にゴミの分別方法がわかれば、正しく分別する人が増えてリサイクル率が上がるのではないかという考えから「ぶんべつクン」を思いつきました。
     本アプリでは、ディープラーニングを用いて画像認識することで、問題解決を目指しました。本アプリの1番の特徴は、スマホやタブレットのカメラで捨てたいものの写真を撮るだけで分別方法がわかるということです。また、住んでいる地区のゴミ収集日を知ることもできます。
     本アプリを通じて、リサイクルへの意識が高まり、リサイクル率の向上につながればと思います。
     今後も、オープンデータを用いた地域課題を解決するアプリの開発に励みたいと思います。
    (佐藤 快星さん)

画像1

画像2

画像3

グランプリ受賞作品の公開


 グランプリ受賞作品「ぶんべつクン」が公開されました。
 LINE株式会社の「LINE」アプリより、友達追加を行うことで、ご利用できます。
 下記のQRコードまたはURLにアクセスしてご利用ください。
 ※ゴミの画像認識について、現在、精度向上中のため、精度を欠く場合がございますのでご了承ください。

 

アイコン

QRコード
QRコード

市長奨励賞

toGather
  • 受賞者
    toGather ぷろじぇくと <グループ(一般)>
  • 作品概要
    どこに集まる…?という話をしたことはありませんか?toGatherは、そんな「ちょっと集まりたいという人たち」と「金沢市にある貸し会議室」をつなぐアプリです。
  • 受賞者の声
    この度は名誉ある賞をいただき、大変光栄に存じます。プロジェクトのメンバーやサポートしていただいた皆様に心から感謝申し上げます。
    「集まれる場所がなかなか見つからない」という私たちの悩みは、大きな課題には感じられないかもしれません。しかし、金沢で活動している方々が同じように困っているとしたら。それは、やはり解決できるアプリがあった方がいいなぁと思いました。シンプルなつくりで、ふだんの活動をちょっと便利にするもの。市内にある色んな施設を知って、使って、そうして活動の幅が広がれば幸いです。今後もデータの拡充や機能の向上を図っていければと考えておりますので、引き続き見守っていただけると嬉しいです。
    (「toGather ぷろじぇくと」雄谷 峰志さん、木下 梢さん)
     

画像1

画像2

画像3

避難所どこ?
  • 受賞者
    白岩 佑介さん <個人(学生)>
  • 作品概要
    もし今地震が起きたら、どうしますか?そういうときに役に立つのが「避難所どこ?」です。位置情報を送信すると、近くの避難所を返すLINEのチャットボットです。
  • 受賞者の声
     このたびはこのような素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく思います。
     この素晴らしい賞を得ることができたのも、指導してくださった方々のおかげです。
     金沢市が避難所のデータを公開しているのを知り、このデータを活用して何か役に立つものを作れないかと考え「避難所どこ?」というチャットボットを開発しました。今後もオープンデータを通じて、地域の問題解決につながるアイデアを考えていけたらと思います。
    (白岩 佑介さん)

画像1

画像2

画像3

アイデア部門

グランプリ

金澤掲示板
  • 受賞者
    I-O DATA チームQA <グループ(法人)>
  • 作品概要
    さまざまなサイトに分散されている金沢の開催イベントのチラシを集めた掲示板アプリです。
  • 受賞のポイント
    さまざまなイベント’情報の閲覧をシンプルなユーザー・インターフェースで実現している点が、分かりやすく、高く評価されました。
  • 受賞者の声
     この度は数あるアイデアの中からアイデア部門グランプリに選んで頂き、大変光栄に思っております。
     「金澤掲示板」はスマホの中でチラシを一覧表示でき、気になるものを直感的に選ぶというシンプルなアプリです。さまざまな場所に点在するパンフレットやフリーペーパーを集めるように、各サイトのオープンデータから、イベントチラシの画像や情報を集約します。その結果、探す手間がはぶけ、写真や画を見て楽しく選ぶことができます。
     紙媒体では拡散しにくいチラシを、多くの人に見てもらうことで、チラシを見た方が、SNS等で感想やチラシを拡散してくれるかもしれません。また一般の方からもチラシを投稿できる仕組みを用意すれば、商店街や店舗、路上ライブなどのチラシを掲載することができ、地元の方にとっても活用できるツールになるのではないかと思います。
     皆さまから頂いたご意見、大変参考になりました。今後に活かせられればと思っております。本当にありがとうございました。
    (「I-O DATA チームQA」代表 木浪 史織さん)

市長奨励賞

みん食~市・学校・保護者が連携して子供の食育をはぐくむ教育アプリ~
  • 受賞者
    安彦ゼミ <グループ(学生)>
  • 作品概要
    小中学校ごとの献立や食材の産地などの情報を見ることができる子どもの食育を高める教育アプリです。
  • 受賞者の声
     この度は、市長奨励賞という名誉ある賞に選んでいただきありがとうございます。
     石川県や金沢市では若い世代を中心とした食育を行っており、学校給食でも積極的に加賀野菜などの地元の食材を使っています。また、近年アレルギーが増加していますが、学校給食でお代わりをしたときに誤って口にしてしまって死亡事故が起きた例があります。今回のアイデアは、地産地消を促したり安全な食生活を送ることで食に興味を持ってもらい、食育を促進していきたいと思い提案しました。
     このプランが実現し、金沢に住む子供たちが食育を通して元気に健康に育ってほしいと思います。今後も社会の課題を解決していけるようなアイデアを考えていきたいです。
    (「安彦ゼミ」代表 大道 萌さん)

二次審査(公開プレゼンテーション)の開催について

「KANAZAWA Civic Tech Contest 2018」アプリケーション部門二次審査を、下記の日程で開催します。アプリケーション等のサンプルを用いた公開プレゼンテーション形式により、グランプリ作品を決定します。

【日時】
 平成31年2月16日(土) 13:00~17:00(予定)
【場所】
 金沢21世紀美術館 レクチャーホール(入場無料)
【タイムスケジュール】
 1 開会 [13:00~]
 2 市長挨拶
 3 選考委員紹介
 4 公開プレゼンテーション [13:13~] ※進行状況により時間は変更になる場合があります
 <アプリケーション部門 一次審査通過作品>
 
  作品名 発表者
13:13~カナヤドスマートフォンアプリプロジェクト
13:28~toGathertoGather ぷろじぇくと
13:43~ぶんべつクン佐藤 快星
13:58~避難所どこ?白岩 佑介
14:22~金沢百万石の旅案内さとらぼ
14:37~通る人の話す言葉や外見に応じた案内をするミニロボット中村 圭介
<アイデア部門 受賞作品>
 
  作品名 発表者
14:52~みん食~市・学校・保護者が連携して子供の食育をはぐくむ教育アプリ~(市長奨励賞)安彦ゼミ
15:08~金澤掲示板
(グランプリ)
I-O DATA チームQA
 5 審査 [15:30~16:30]
 6 審査結果発表・表彰 [16:30~17:00]
   ※アイデア部門 受賞作品の表彰を併せて行います
 7 閉会 [17:00終了予定]

KANAZAWA Civic Tech Contest 2018の募集を開始しました

※募集は終了しました。 

目的
 オープンデータやICTを活用した地域の課題解決につながるアプリケーションやサービスを募集し、その制作の取り組みを通して、民間における公共データの活用を促進するとともに、行政の透明性・信頼性の向上、地域活性化及びシビックテック活動の推進を図ります。
 
募集期間
平成30年7月12日(木) ~ 11月26日(月) 17時必着 ※日本標準時(JST)

応募者
法人又は個人及びそのグループ
 
募集部門
(1)アプリケーション部門
金沢市のオープンデータを活用した地域課題の解決につながるアプリケーションやサービスを募集
※他の団体等が提供するオープンデータと組合わせての利用も可です。
※スマートフォン及びタブレット端末向けアプリケーションやWebアプリケーション、Webサービスのほか、以下の参考例に掲げるような作品を幅広く募集します。
【参考例】
・AIやドローン、VRなどの先端技術を活用したアプリケーション
・IoT機器と連動させたアプリケーション 等(その他参考例は募集要項に記載)
 
【オープンデータ】
金沢市のオープンデータは以下の(A)(B)となります。
  (A)金沢市オープンデータ
    金沢市公式ホームページ内オープンデータポータルの「現在公開しているデータ」です。
 (B)金沢市がコンテスト用に公開するオープンデータ
コンテスト用特設ページの「2(1)(B)金沢市がコンテスト用に公開するオープンデータ」です。
 
(2)アイデア部門
以下の2つの条件を満たすアイデアを募集
ア)ICTを活用した地域課題の解決につながるアイデアであること
イ)オープンデータ等のデータを活用しているアイデアであること
 
授賞
グランプリ  各1点  表彰、副賞(アプリケーション部門:賞金30万円、アイデア部門:賞金5万円)
奨励賞    若干   表彰、副賞(予定)
※アプリケーション部門グランプリ受賞者は、2019年6月末までに応募作品について実際に稼働できる状態まで完成させ、一般公開(App StoreやGoogle playへの登録公開やアプリケーション等のURLの公開等)を開始してください。
 
募集要項
   募集要項をご確認の上、応募してください。
   募集要項 (316kbyte)pdf
 
応募方法
提出する書類に必要事項を記載し、応募先(金沢市情報政策課ICT推進室内「KANAZAWAアプリ開発推進協議会事務局」)まで提出してください。
(1)提出する書類
【アプリケーション部門】
①応募申込書  (50kbyte)doc ②企画書 (285kbyte)ppt
【アイデア部門】
①応募申込書  (46kbyte)doc ②企画書 (287kbyte)ppt
(2)提出方法
下記のいずれかの方法で提出してください
①郵送
②電子メール
③直接、金沢市情報政策課ICT推進室まで持参
 
募集チラシ
 こちらからダウンロードしてください。
 

先端技術を活用したアプリケーション開発セミナー

 スマートフォンアプリやWebアプリケーションのほか、AI等の先端技術を活用したアプリやサービスを募集するコンテスト「KANAZAWA Civic Tech Contest 2018」の開催にあたり、コンテストの応募を検討している方々や、先端技術に関するアプリ開発に関心を持っている方々に向け、セミナーを開催しました。
 

第2弾<10/21(日)開催>

 平成30年10月21日(日)に「先端技術を活用したアプリケーション開発セミナー(第2弾)」を開催しました。
 開催結果はこちらをご覧ください。

第1弾<9/12(水)開催>

 平成30年9月12日(水)に「先端技術を活用したアプリケーション開発セミナー(第1弾)」を開催しました。
 開催結果はこちらをご覧ください。
 

問い合わせ先

都市政策局 情報政策課 ICT活用推進室
電話番号:076-220-2014
FAX番号:076-220-2777
ict@city.kanazawa.lg.jp