本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中のアプリコンテストからKANAZAWAアプリ開発塾
印刷用ページを表示する
 

KANAZAWAアプリ開発塾

 スマートフォンのアプリケーション開発に関心を持つ学生が、IT技術者などのアドバイスを得ながら、地域の課題解決につながるアプリケーションの開発に取り組みます。

開催結果

スマートフォンのアプリケーションの開発に関心を持つ学生を対象に、Androidアプリについて学習できる、入門者コース(初級編)と入門者コース(中級編)を実施しました。

入門者コース(初級編)

 アプリ開発に関して、初級者の学生を対象に、8月6日(火)から8月8日(木)の期間で、プロのIT技術者の講義・演習を受講し、Androidアプリ開発について、最低限必要な知識や技術を学習していただきました。
 アプリの開発環境をPCにインストールすることから始め、アプリの画面遷移やボタン制御等、アプリ開発の基本を学んだ後、実際に簡易なサンプルプログラムを作成、実行していただきました。
 

写真1

写真2

入門者コース(中級編)

 アプリ開発に関して、中級者の学生を対象に、8月20日(火)から8月23日(金)の期間で、プロのIT技術者による講義・演習やセミナーを通して、アプリ制作の流れを体験・学習していただきました。
 スライドショーやカウントダウンタイマー等のアプリ制作を行い、最終的に自らが考えたアプリを講師の指導のもと、完成していただきました。 
 また、ソフトウェアに関するテスト等、アプリ開発に役に立つセミナーも受講いただきました。
 

写真1

写真2

開催概要

 金沢市又は近郊の専門学校~大学院の学生を対象に次の2つのコースを開催します。

チラシのイメージ図
画像をクリックするとチラシが開きます。

入門者コース(初級編)

 スマートフォンのアプリケーション開発に関心を持つ学生が、IT技術者の指導を受けながら、アプリケーションの制作に最低限必要な知識や技術を講義・演習の形で学習します。
 
募集期間
令和元年6月28日(金)~7月22日(月) 17時必着 ※募集終了しました
 
募集対象
スマートフォンのアプリケーション開発に関心を持つ学生
  ※金沢市または近郊の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校に在学していること。
  ※本コースに必要なPCは、各自で用意して下さい。 
 
前提スキル
・アプリケーションの開発に興味がある、プログラミング未経験者及び初級者。
・基本的なPCに関する操作等のスキルを保有していること。
 ※初級者の方で、別途実施する入門者コース(中級編)コースの受講を希望される方は、    
  最初に本コースを受講の上、入門者コース(中級編)の申込みをされることを推奨しま  
  す。
 
カリキュラム
1コマ3時間程度の講義・演習を5コマ行います。
 ①開発ツールのインストールからサンプルプログラムの実行
 ②ボタン制御と画面レイアウトについて
 ③画面遷移について
 ④じゃんけんプログラムの作成
 ⑤まとめ、今後の学習について
※Androidアプリケーションの開発について学習します。
※原則全ての講義・演習に参加してください。
 
本コースに必要なPCについて
開発ツールはAndroid Studio(最新バージョン)を予定しています。各自で用意いただくPCが以下の要件を満たしているかを事前にご確認ください。
(参考) Android Studioシステム要件(外部リンク)
下表はAndroid Studioを使用する上での主なOSの推奨スペックです。上記、URLの「Android Studioシステム要件」になりますので、その他、詳細も併せてご確認ください。なお、講義・演習では、エミュレーターを使用しますので、Windowsについては、64bitのPCが必要となります。
 
Windows Mac
Microsoft🄬Windows🄬7/8/10(64ビット)Androidエミュレータは64ビットWindowsのみをサポートしていますMac🄬 OS X🄬 10.10(Yosemite)以上、最大10.13(macOS High Sierra)
最低4GBのRAM、8GBのRAMを推奨最低4GBのRAM、8GBのRAMを推奨
2GB以上の使用可能ディスク・スペース、(4GB推奨)2GB以上の使用可能ディスク・スペース(4GB推奨)
画面解像度1280×800以上画面解像度1280×800以上

 
スケジュール
8月6日(火)~8月8日(木)の3日間で開催します。
 
日時 講義・演習
8月6日(火)   10:00~12:30開発ツールのインストールからサンプルプログラムの実行
   13:30~16:30
ボタン制御と画面レイアウトについて
8月7日(水)   10:00~12:30画面遷移について
   13:30~16:30
じゃんけんプログラムの作成
8月8日(木)   10:00~12:30まとめ、今後の学習について

 
場所
受講費
無料
 ※開催場所までの交通費は、受講者負担となります。
 
募集人数
15名程度
※応募者の数が多い場合は最大で20名とします。
 応募者数が20名を超える場合は、抽選により受講者を決定します。
 
募集要項
募集要項をご確認の上、応募してください。
 
応募方法
以下の事項を応募先まで電子メールでご連絡ください。
・名前 ・連絡先電話番号 ・メールアドレス ・学校名 ・学部学科 ・学年
 

入門者コース(中級編)

 基本的なプログラミング経験を有し、スマートフォンのアプリケーション開発に関心を持つ学生が、IT技術者からのレクチャーやセミナーを通して、地域の課題解決につながるアプリケーションの開発に取り組みます。
 
募集期間
令和元年6月28日(金)~8月8日(木) 17時必着  ※募集終了しました
 
募集対象
基本的なプログラミング経験(SDKの設定・簡易プログラムの開発等)を有し、スマートフォンのアプリケーション開発に関心を持つ学生
  ※金沢市または近郊の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校に在学していること。
  ※本コースに必要なPCやスマートフォン等は、各自で用意して下さい。スマートフォンの用意は必須ではありません。
 
前提スキル
・プログラミング経験者
・基本的なPCに関する操作等のスキルを保有していること。
初級者(※)の方の参加も歓迎します。
(※)SDK設定の経験が無い、又は、プログラミング経験の無い方は、入門者コース(初級編)を受講の上、本コースに応募することを推奨します。
 
カリキュラム
(1)講義・演習
1コマ3時間程度の講義・演習を6コマ行います。
①UI部品の使い方
②ベクタ画像の使い方
③フラグメントの基礎
④タイマーの使い方
⑤オーディオ再生方法
⑥まとめ、今後の学習方法について
※Androidアプリケーションの開発を行います。
※原則全ての講義・演習に参加してください。
 
(2)アプリ開発についてのセミナー
講義・演習の中で、アプリ開発に役立つセミナーを受講します。アプリ開発の技術的な知識やノウハウ等について学びます。
【開催予定のセミナー】
・ソースコードのバージョン管理方法について
・ソフトウェアやデータの使用許諾について
・ソフトウェア開発におけるテストのやり方とは
 
本コースに必要なPCについて
開発ツールはAndroid Studio(最新バージョン)を予定しています。各自で用意いただくPCが以下の要件を満たしているかを事前にご確認ください。
(参考) Android Studioシステム要件(外部リンク)
下表はAndroid Studioを使用する上での主なOSの推奨スペックです。上記、URLの「Android Studioシステム要件」になりますので、その他、詳細も併せてご確認ください。なお、講義・演習では、エミュレーターを使用しますので、Windowsについては、64bitのPCが必要となります。
 
Windows Mac
Microsoft🄬Windows🄬7/8/10(64ビット)Androidエミュレータは64ビットWindowsのみをサポートしていますMac🄬 OS X🄬 10.10(Yosemite)以上、最大10.13(macOS High Sierra)
最低4GBのRAM、8GBのRAMを推奨最低4GBのRAM、8GBのRAMを推奨
2GB以上の使用可能ディスク・スペース、(4GB推奨)2GB以上の使用可能ディスク・スペース(4GB推奨)
画面解像度1280×800以上画面解像度1280×800以上

 
スケジュール
8月20日(火)~8月23日(金)の4日間で開催します。
 
日時 講義・演習
8月20日(火)   10:00~12:30UI部品の使い方
   13:30~16:30
ベクタ画像の使い方
8月21日(水)   13:30~16:30フラグメントの基礎
8月22日(木)   13:30~16:30
タイマーの使い方
8月23日(金)   10:00~12:30オーディオ再生方法
   13:30~16:30
まとめ、今後の学習について

 
場所
ITビジネスプラザ武蔵(金沢市武蔵町14番31号) 研修室1、2
※20日(火)は研修室1、21日(水)から23日(金)は研修室2で実施します。 
 
受講費
無料
 ※開催場所までの交通費は、受講者負担となります。
 
募集人数
15名程度
※応募者の数が多い場合は最大で20名とします。
 応募者数が20名を超える場合は、抽選により受講者を決定します。
 
募集要項
募集要項をご確認の上、応募してください。
応募方法
以下の事項を応募先まで電子メールでご連絡ください。
・名前 ・連絡先電話番号 ・メールアドレス ・学校名 ・学部学科 ・学年

 

その他

・AndroidはGoogle LLC.の商標です。
・Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における登録商標です。
・Mac、macOS、OS Xは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
 

過去のアプリ開発塾

応募先及び問い合わせ先

〒920-8577 石川県金沢市広坂1-1-1
  金沢市情報政策課ICT活用推進室内「KANAZAWAアプリ開発推進協議会事務局」
  TEL:076-220-2014   FAX:076-220-2777
  Mail:ict@city.kanazawa.lg.jp

問い合わせ先

都市政策局 情報政策課 ICT活用推進室
電話番号:076-220-2014
FAX番号:076-220-2777
ict@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。