本文へジャンプ

加賀宝生子ども塾

おともだちと「和のおけいこ」はじめよう!
はじめてでも大丈夫!先生方が基礎からしっかり教えてくれます。
金沢ならではの「和のおけいこ」をおともだちと楽しく学びませんか。
おけいこ・発表会も自由に見にきてください!

加賀宝生子ども塾発表会
発表会の様子

加賀宝生子ども塾

金沢市指定無形文化財である「加賀宝生(かがほうしょう)」を子どもたちに教えることにより、能楽が有する固有の文化性(美、礼節など)を人づくりに生かすとともに、金沢の伝統文化を次代に引き継ぐことを目的に平成14年に設立されました。
月2回2年間のカリキュラムで「謡・仕舞教室」、「狂言教室」をそれぞれ開講し、これまでたくさんの子どもたちがお稽古に励んできました。
 

「謡・仕舞」「狂言」「加賀宝生」とは?

謡・仕舞
謡(うたい)は、能の声楽のことを指し、独特の謡い方をします。
仕舞(しまい)は、長時間に及ぶ能のうち、その見どころを部分だけを謡に合わせて舞う、短い舞です。
 
狂言
狂言(きょうげん)は、日常的なできごとを明るく表現した、独特なせりふとしぐさが特徴の日本の伝統的なコメディです。
滑稽な人の姿を演じるさまに、思わず笑いが漏れてしまいます。
 
加賀宝生
能楽には5つの流派がありますが、加賀藩で宝生流を保護したことで、加賀宝生と呼ばれるほど宝生流の能が盛んになりました。「空から謡が降ってくる」と言われるほど、庶民の間でも広く親しまれたようです。

◆加賀宝生についてくわしくはこちら … 加賀宝生
 

活動内容

「謡・仕舞教室」の内容
 毎月2回、金沢能楽美術館で宝生流シテ方の薮俊彦(やぶ・としひこ)先生のもと、能楽の花形“シテ”が演じる「仕舞(しまい)」や、支えとなる「謡(うたい)」を学びます。
 毎年、百万石まつりのときに開催される百万石薪能への出演や、レクリエーション、遠足、発表会があります。
 現在、第10期生が令和4年6月までお稽古に励んでいます。

  稽古日時:毎月2回 土曜日 10:00~12:00
  稽古場所:金沢能楽美術館(広坂1-2-25) ほか
  講座期間:2年間
  費  用:無料(扇・足袋など一部自己負担あり)
  定  員:20人(入塾時の学年が小3~中1であること)

 

おけいこの様子1
百万石薪能

おけいこの様子2
仕舞のおけいこ

おけいこの様子3
謡のおけいこ

おけいこの様子4
夏の特別けいこ

「狂言教室」の内容
 毎月2回、金沢能楽美術館で和泉流狂言方の能村祐丞(のむら・ゆうじょう)先生のもと、日本のコメディとも言われる狂言のせりふやしぐさを学びます。
 毎年、百万石まつりのときに開催される百万石薪能への出演や、レクリエーション、遠足、発表会があります。
 現在、第6期生が令和3年6月までお稽古に励んでいます。

  稽古日時:毎月2回 土曜日 12:30~14:30
  稽古場所:金沢能楽美術館(広坂1-2-25) ほか
  講座期間:2年間
  費  用:無料(扇・足袋など一部自己負担あり)
  定  員:10人(入塾時の学年が小3~中1であること)
 

おけいこの様子5
百万石薪能

おけいこの様子6
おけいこ

おけいこの様子7
おけいこ

「狂言教室」第7期生 募集中!

 現在、令和3年度から入塾する「狂言教室」の塾生を募集しています!
 見学をすることもできるので、詳しくはこちらからご覧ください → 塾生募集!



◆関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化政策課
電話番号:076-220-2442
FAX番号:076-220-2069
bunshin@city.kanazawa.lg.jp