本文へジャンプ

ポルト・アレグレ(ブラジル)

ポルト・アレグレ(ブラジル)

市中央市場
市中央市場

提携 1967年(昭和42年)3月20日
人口 147万人
面積 497平方キロメートル

ポルト・アレグレ市の概要

ブラジル南部のリオグランデ・ド・スル州の州都で、南太西洋に接するバトス湖に面し、グワイーバ河に沿った都市です。いくつかの丘があり、周辺は、やや起伏に富んでいます。四季の区別があり、夏は温度、湿度ともに高く、冬は零度になる時もあります。春にはジャカランダの紫色の花が美しく街路に咲きほこります。
 1752年にアゾレス島からの移住者が住み始めたのが起源で、その後ドイツ人が移住してから農・牧畜、工業が大きく発展しました。豊かな農牧地帯を後背地に有し、畜産、タバコ等を産出。食品、毛織物、金属等の工業も盛んです。港はサントス、リオデジャネイロ等と並ぶ一級港で観光都市でもあり、街の守護神ガウショ(カウボーイ)の銅像が街の入り口で訪問客を出迎えています。グワイーバ河に落ちる夕日の眺めは「神が描きし平和の絵巻」とまで詩にうたわれるほど有名です。人々は、明るく陽気で、文字どおりポルト・アレグレ(「陽気な港」の意)そのものです。

主だった交流

少年サッカーチーム親善試合
少年サッカーチーム親善試合

  • 両市代表団の相互訪問
  • ガウショ(カウボーイ)像の受贈
  • 両市の図書の交換
  • 少年サッカーチームが来訪、少年選抜チームと親善試合
  • 加賀宝生ブラジル友好訪問演能

問い合わせ先

都市政策局 国際交流課
電話番号:076-220-2075
FAX番号:076-220-2069
kokusai@city.kanazawa.lg.jp