本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の金沢の交通政策から駐車場に関する基本・整備計画について
印刷用ページを表示する
 

駐車場に関する基本・整備計画について

金沢市駐車場整備に関する基本計画及び駐車場整備地区における駐車場整備計画(第3次)について

見直しの背景について

 我が国では、戦後より進行してきたモータリゼーションの結果、移動手段として自動車が主体となりました。それに伴い、道路交通の円滑化を図ることにより、公衆の利便の確保や都市の機能の維持及び増進が求められるようになってきました。本市では、これに対応するため、1994年(H6)に「金沢市駐車場整備に関する基本計画」(以下、「基本計画」という。)及び駐車場整備地区における駐車場整備計画(以下、「整備計画」という。)を策定し、2010年(H22)には両計画が目標年次を迎えたことから所要の見直しを行いました。そこでは、駐車場整備地区における駐車場整備台数は十分確保されていることや都市の活力と市民の安全性を図る必要があること、公共交通を中心としたコンパクトなまちづくりを目指すこと等により、量的な駐車場整備から質的な整備へ転換を図ることとし、それに基づき様々な駐車場に関する施策を展開しています。
 
 前計画策定後、本市の駐車場を取り巻く状況は大きく変化しています。北陸新幹線金沢開業に伴い、観光入込客数や市内線のバス利用者数は大きく増加するとともに、商業活動等は都心軸を中心に集積し、ホテルや事業所、住宅開発などの土地利用が活発化しています。一方で、観光バスの来訪が増加するほか、物流関係においては依然として都心軸上での荷捌きが見られるなど、円滑な交通への影響が危惧されています。また、2016年(H28)の駐車場現況調査において、駐車場総量は2009年(H21)と比較して若干減少していましたが、広範囲に駐車場が整備され、細街路沿いに小規模な時間貸し駐車場が新設される状況も多く見られることから、生活環境や景観の悪化、非効率な土地利用による中心市街地の活力低下などが懸念されます。
 なお、2015年(H27)に、交通によるまちづくりを実現するための具体的な行動計画として第2次金沢交通戦略を策定するとともに、2017年(H29)には、立地適正化計画を包含し、都市機能や居住の誘導に関する方策を示した金沢市集約都市形成計画を策定するなど、今後のまちづくりの方向性を示した計画も新たに策定しています。

 前整備計画において、計画の内容は概ね5年をめどに見直すこととしており、近年の状況の変化への対応や新たに策定したまちづくりに関連する計画とも整合を図る必要があることから、今般、基本計画及び整備計画を見直すこととしました。
 

駐車場基本・整備計画の概要

駐車場基本・整備計画(平成30年4月)

過去の駐車場基本・整備計画

金沢市駐車場適正配置審議会

平成30年度

・第1回審議会(H30.06.07)

問い合わせ先

都市政策局 交通政策部 交通政策課
電話番号:076-220-2038
FAX番号:076-220-2048
koutsuu@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。