本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の金沢の交通政策から公共交通利用促進協定
印刷用ページを表示する
 

公共交通利用促進協定

バストリガー方式とは

金沢大学と交通事業者がバストリガー協定を結び、大学までの対象区間の運賃を割安に設定し、対象区間の収入が目標を上回れば次年度以降も継続するが、目標を満たさなければ従来の料金に戻すという仕組みです。

金沢大学地区バストリガーについて

金沢大学と北陸鉄道が、平成18年からバス運賃の低減と利便性の向上のため、バストリガー実験を実施してきました。実験の結果、利用者が定着し、一定の需要が見込めるようになったことから、平成26年度以降は従来の協定に基づくバストリガー方式から、交通事業者が自ら割安定期券を販売する本格実施に移行しました。

これまでの実験結果について

平成18年度~平成22年度 角間地区運賃100円実験についてはコチラ
平成23年度~平成26年度 トリガー実験定期券の導入についてはコチラ

リンク

問い合わせ先

都市政策局 交通政策部 交通政策課
電話番号:076-220-2038
FAX番号:076-220-2048
koutsuu@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。