本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から妙国寺山門
印刷用ページを表示する
 

妙国寺山門

みょうこくじ さんもん
 
English 한국어 简体中文 繁體中文 日本語

 この山門は、薬医門(やくいもん)とよばれる形式で、本柱が棟より前寄りに立ち、後方に控柱を立て、本柱と控柱に梁を架けて束を置き、棟を支えるつくりをいいます。
 脇塀が取り付く柄振板(えぶりいた)の痕跡から、脇塀の屋根が板葺きであることが分かり復原されています。棟札から安永9年(1780年)の建築とわかり、卯辰山麓寺院群の中で建築年代が判明する最も古い門であり貴重なものです。屋根には古い赤瓦が残り、参道については発掘調査を行い整備しており、往時の雰囲気を今に伝えています。

金沢市指定文化財
種別:有形文化財 建造物
指定:平成16年1月21日
 

妙国寺山門
全景

構造
薬医門の構造

柄振板
柄振板と復原された脇塀の屋根

赤瓦
赤瓦が残る

棟札
棟札が見られる

卯辰山山麓寺院群の文化財多言語解説

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。