本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から西养寺钟楼
印刷用ページを表示する
 

西养寺钟楼

金泽市指定文化财产
 
English 한국어 简体中文 繁體中文 日本語

     该钟楼是1851年建成的禅宗式建筑物。据记载,推测其为江户时代的大工集团·建仁寺流的作品。
  基盘的石头是名为户室石的金泽市当地石材,该石材当时只被用于金泽城的石墙等建筑场所。檐内呈放射状排列的部材名叫扇垂木,是禅宗式的代表构造之一。细节处的豪华装饰,以及龙和麒麟等的雕刻也是看点之一。
 

全景
整体视野

扇垂木
“垂木”呈扇形排列

円柱
圆柱

龍の彫刻
龙雕塑

麒麟の彫刻
麒麟雕塑

玄武の彫刻
玄武雕塑

朱雀の彫刻
朱雀雕塑

卯辰山山麓寺院群的文化资产(简体字说明)

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。