本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から全性寺山門
印刷用ページを表示する
 

全性寺山門

ぜんしょうじ さんもん
 
English 한국어 简体中文 繁體中文 日本語

 この山門は、楼門(ろうもん)と呼ばれる2階建ての門の形式のひとつで、2階に縁側を廻し、高欄を設けるのが特徴です。
 細部様式から、18世紀後半に建てられたと推定されます。正面の柱間を三間(さんげん)とし、中央間に扉を1箇所設けた楼門を三間一戸楼門(さんげんいっころうもん)といい、この形式とする現存する門として市内で唯一のものです。
 木部をベンガラ塗りとし、2階建てで、入母屋造(いりもやづくり)の屋根とした風格のある外観はこの地区のシンボル的な存在であり、「赤門」の愛称で広く市民に親しまれています。

金沢市指定文化財
種別:有形文化財 建造物
指定:平成16年1月21日
 

全性寺山門
全景

全性寺拝懸魚
拝懸魚(おがみげぎょ・棟木を隠す装飾)

全性寺実肘木
2階軒裏

卯辰山山麓寺院群の文化財多言語解説

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。