本文へジャンプ
 

埋蔵文化財センターについて

埋蔵文化財センターについて

埋蔵文化財センターについて

金沢市には、巨大柱根が出土したチカモリ遺跡、多数の木簡が出土した東大寺領横江荘遺跡上荒屋遺跡をはじめとする縄文時代から江戸時代までの数多くの遺跡が分布しています。
金沢市埋蔵文化財センターは、これらの貴重な歴史遺産を保護し、後世に伝えるとともに、その成果を教育・学術および文化の発展に寄与することを目的として平成9年4月に開館しました。
平成27年11月には、重要文化財「中屋サワ遺跡出土品」と国史跡「チカモリ遺跡」の出土品の展示を主体とする展示室『金沢縄文ワールド』がオープンし、金沢の魅力ある縄文文化の特色を紹介しています。

埋蔵文化財センター

埋蔵文化財センターの主な仕事

  • 埋蔵文化財の調査および研究
  • 出土品の整理および保存
  • 調査成果の公開および活用

発掘調査から整理展示まで

施設案内

館内案内図

館内案内図

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課 埋蔵文化財センター
電話番号:076-269-2451
FAX番号:076-269-2452
maibun@city.kanazawa.lg.jp