本文へジャンプ
 

金沢縄文ワールド TOP

金沢縄文ワールド TOP

新型コロナウィルス感染症拡大防止対策について

金沢縄文ワールドでは、公益財団法人日本博物館協会の設定した「博物館における新型コロナウィルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた拡大予防策を講じています。

金沢縄文ワールド

お知らせ

開催中の企画展

 富山と金沢の縄文集落 -東黒牧上野遺跡と笠舞A遺跡-

  令和2年9月15日(火曜日)から12月13日(日曜日)まで

縄文体験コーナー

 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、当面の間、通年メニューのみの開催といたします。

イベント案内

・企画展「富山と金沢の縄文集落-東黒牧上野遺跡と笠舞A遺跡-」開催中です!
  内容   富山と金沢を代表する縄文時代中期の集落跡からの出土品を紹介します
  会期   令和2年9月15日(火曜日)から12月13日(日曜日)まで
 

金沢縄文ワールドとは

国史跡チカモリ遺跡出土の柱根(石川県指定文化財)および高度な技術を示す中屋サワ遺跡出土品(国重要文化財)をとおして、金沢の縄文時代を体感できる展示室です。
 

シンボル展示

チカモリ遺跡の環状木柱列を再現した空間の中で、スクリーンから流れる縄文時代のイメージ映像により太古の昔にタイムスリップできます。
 

シンボル展示

常設展示 「巨木の文化」と「漆と装飾」

巨木の文化」と「漆と装飾」の2つのテーマから、チカモリ遺跡の柱根(石川県指定文化財)と中屋サワ遺跡の出土品(国重要文化財)を展示しています。
 

金沢市内や石川県内の遺跡から出土した遺物を様々なテーマで展示しています。

【開催中の企画展】
  富山と金沢の縄文集落-東黒牧上野遺跡と笠舞A遺跡-
   令和2年9月15日(火曜日) から 12月13日(日曜日) まで
 

映像やクイズで縄文時代の金沢を楽しく学ぶことができます。

  • 現在、ボタン・タッチパネルなどの接触型展示設備は使用を中止しています
いろいろな古代体験を無料で行うことができます。
  • 通年メニュー  6種類  いつでも体験することができます。
  • 期間限定メニュー  7種類  毎月内容が変わる特別メニューです(現在休止中)
体験メニューのくわしい内容は ココ をクリックしてご確認ください。

 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、当面の間は通年メニューのみの開催といたします。
 

団体でのご利用

  • 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、団体でのご利用の際には事前の申請をお願いいたします
  • 事前申請のない団体ご利用はお断りさせていただくことがありますのであらかじめご了承ください
埋蔵文化財センターの施設見学や縄文体験などを団体でご利用する場合は下記のリンクをクリックしてください。
 

重要文化財「中屋サワ遺跡出土品」の修理

金沢市では重要文化財「中屋サワ遺跡出土品」の修理を行っています。
詳しくは当該ページをご覧ください。

施設案内図

金沢縄文ワールドの案内図

イメージキャラクター

金沢縄文ワールドのイメージキャラクター

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課 埋蔵文化財センター
電話番号:076-269-2451
FAX番号:076-269-2452
maibun@city.kanazawa.lg.jp