本文へジャンプ
 

金沢縄文ワールド 企画展示

金沢縄文ワールド 企画展示

金沢縄文ワールド

サワくん

企画展示コーナー

【開催中の企画展】 古代のくらしと今のくらし

わたしたちのくらしは日々変化しています。
その変化が何十年・何百年も積みなると、原形とはまったく違う形に変化したり、形は似ていても用途が変わってしまうことがあります。
その変化を目の当たりにできるのが、遺跡の発掘とそこからの出土遺物です。
遺跡の発掘調査は、文字や絵画による資料が存在しない時代のくらしを知ることのできる唯一の方法といってよいでしょう。
今回の企画展では、古代の道具と現代の道具を比較展示し、金沢市における主に縄文時代から古墳時代にかけてのくらしの様子を紹介します。

 

1.会期

令和元年6月18日(火曜日) から 令和元年9月16日(月曜日・祝日) まで

 

2.主な展示資料

 
 
テーマ 主な展示資料
衣(きる)縄文時代 竪櫛
縄文時代 腕輪
縄文時代 指輪形石製品
古墳時代 勾玉
古墳時代 管玉
食(たべる)縄文時代 深鉢
弥生時代 甕
弥生時代 石包丁
住(せいかつ)縄文時代 打製石斧
縄文時代 磨製石斧
縄文時代 吊手土器
古墳時代 内行花文鏡、珠文鏡
音楽(かなでる)弥生時代 琴
奈良・平安時代 土鈴
狩猟(とる・かる)縄文時代 石錘
弥生時代 土錘
弥生時代 網枠
古墳時代 弓


 

「古代のくらしと今のくらし」展示状況
企画展のようす

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課 埋蔵文化財センター
電話番号:076-269-2451
FAX番号:076-269-2452
maibun@city.kanazawa.lg.jp