本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産の中の金沢市の指定文化財から醫王山神社社叢
印刷用ページを表示する
 

醫王山神社社叢

記念物 天然記念物
醫王山神社社叢 (いおうぜんじんじゃしゃそう)
 
所在地 金沢市二俣町ツ24番地
市指定天然記念物 平成28年3月11日指定
 醫王山神社は、医王山の麓にある二俣町の産土神として建立され、武甕槌命ならびに伊弉册命が祀られています。古くは武雄社と呼ばれていましたが、明治43年(1910)4月12日に改名され、現在の名前となりました。
 本社叢(神社林)は、拝殿の背後に位置します。樹木の高木層ではウラジロガシ、モミ、スギ、亜高木層ではウラジロガシ、ユキバタツバキ、低木層ではヒメアオキ等が優占しています。ウラジロガシやモミは複数の階層に出現し、草本層にもそれらの幼木が見られますが、スギは高木層にしか出現していません。これは自生するウラジロガシやモミは自然更新をしていますが、植樹されたスギは自然更新ができていないことを示しています。
 環境省は、昭和48年(1973)より自然環境保全基礎調査を実施していますが、その中で本社叢は特定植物群落に選定され、その基準の中の「原生林もしくはそれに近い自然林」、「郷土景観を代表する植物群落で、特にその群落の特徴が典型的なもの」を満たすとされています。
 本社叢は植物群集の階層構造の複雑さ、種数の多さが際立っている点で学術的価値が高く、金沢市指定文化財としての価値を十分に有する植物群落です。

醫王山神社社叢全景
拝殿とその背後の社叢

ウラジロガシ
ウラジロガシ

モミ
モミ

お問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。