本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から(国指定)兼六園
印刷用ページを表示する
 

(国指定)兼六園

特別名勝:兼六園(けんろくえん)

【所在地】金沢市兼六町1番1号
【国指定特別名勝】昭和60年3月20日指定
【指定面積】100,740平米

兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本三名園と呼ばれています。
延宝4年(1676)、5代藩主前田綱紀が蓮池亭を造りその庭を蓮池庭と呼んだのが兼六園の始まりで、安永3年(1774)、11代藩主治脩(はるなが)が宝暦の大火で荒廃した蓮池庭を復興し、文政5年(1822)、12代藩主斉広(なりなが)が千歳台一帯を取り込んだ広大な庭を整備し、兼六園と命名されました。13代藩主斉泰(なりやす)により千歳台に曲水が回され、霞ヶ池の拡張が行われ嘉永4年(1851)庭園が完成しました。
霞ヶ池を中心に回遊できる園内には、築山・曲水・渓流・噴水・橋・滝・池泉・茶亭・灯籠・石塔などが配され、変化に富んだ景観を構成しています。

兼六園

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。