本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から(国指定)成巽閣庭園
印刷用ページを表示する
 

(国指定)成巽閣庭園

記念物:名勝
成巽閣庭園(せいそんかくていえん)

所在地 金沢市兼六町1番2号
国指定名勝 昭和4年4月2日指定
平成29年2月9日追加指定
指定面積 6,607.15平米

 成巽閣庭園は、金沢市の市街地に所在する特別名勝兼六園の南に隣接して位置し、加賀藩13代前田斉泰(なりやす)の母である真龍院(しんりゅういん)の隠居所として文久3年(1863)に造営された巽御殿(たつみごてん)とともに、まず主庭が築かれた。書院と茶室、水屋から成る清香軒(せいこうけん)に面する主庭(飛鶴庭(ひかくてい))は、水流を有する清邃(せいすい)な平庭の優れた事例として、昭和4年(1929)に国の名勝に指定された。
 巽御殿は、明治7年(1874)に「成巽閣」と改称され、この頃に主庭から分水して、万年青(おもと)の廊下の縁先に面する中庭(万年青の縁庭園)に遣水(やりみず)として通じさせ、築山(つきやま)を設け、深山幽谷の景趣が演出された。
 明治42年(1909)には、東宮(後の大正天皇)の北陸行啓を契機として、前庭に表門、馬車回し、玄関が整備された。また、つくしの廊下の縁先に面する中庭(つくしの縁庭園)では、既存の能舞台を除却した後、主庭から続く水路を直流から緩やかな曲流に造り替え、平明な風情が演出された。
 昭和24年(1949)の前田家駒場本邸(現在の東京都目黒区)から煎茶席三華亭が移築された頃には、現在の主庭、中庭、前庭からなる成巽閣の地割りが整ったとされる。
 以上のように、成巽閣庭園は幕末以来、時代を重ねて整えられてきた庭園であり、その調和が優れていることから、主庭に加え、中庭及び前庭を含む区域が平成29年(2017)に国の名勝に追加指定された。

主庭(飛鶴庭)
主庭 飛鶴庭

中庭(万年青の縁庭園)
中庭 万年青の縁庭園(追加指定)

中庭(つくしの縁庭園)
中庭 つくしの縁庭園(追加指定)

前庭
前庭(追加指定)

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。