本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から千田家庭園
印刷用ページを表示する
 

千田家庭園

記念物 名勝
千田家庭園 (せんだけていえん)

所在地 金沢市長町1丁目4番22号
市指定名勝 平成25年1月11日指定

 千田家庭園は、敷地の西側に沿って大野庄用水が流れています。庭園は明治27年(1894)から翌年にかけて、当該地に住まいを構えるために主屋とほぼ同時期に整備されました。
庭園は明治中期から大正初期にかけて少しずつ手が加えられ変遷していますが、それ以降は現在の形状とほぼ一致しています。
庭園の形式は池泉回遊式で、庭の中心となる遣水(やりみず:幅が狭く浅く、曲がりの多い小さな流れ)は大野庄用水内に堰を設け、土塀の石積の部分に設けた取水口から導水し、築山の周囲の裾を流れ、築山の背後から用水に戻されています。
築山の背後の護岸に見られる石積は、犀川より運ばれてきた河原石と庭園造成に伴い敷地から出た玉石などにより供給されたものと推測されますが、粒のそろった状態で仕上げており、主屋から見えないところまでも庭園の美観にこだわっています。
庭園内にはサツキツツジを中心としたツツジ類が至るところに配置され、満開時には色鮮やかな庭園に変化し、見所の1つとなっています。
明治中期に作庭された千田家庭園は、近隣から収集された戸室石や犀川の河原石が多く用いられ、石組による迫力を前面に出さない質素な形態で、当時の庭園や作庭技術の変遷を知る上で非常に重要です。
千田家庭園は、明治中期に長町武家屋敷跡の住宅地に作庭された近代庭園で、当初の姿や時代背景を良好に映し出しており、歴史ある大野庄用水との関わりを示すものとして極めて貴重な庭園です。

千田家庭園

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。