本文へジャンプ

加賀万歳

民俗文化財 無形民俗:民俗芸能
加賀万歳(かがまんざい)

所在地 金沢市本多町
市指定文化財 昭和50年1月29日指定
開催時期 不定期

加賀万歳は、前田利家が越前の府中(現在の越前市)を治めていた頃、領民が年頭に祝賀のため舞っていたのが、利家の金沢入城後、金沢城下にもくるようになったものといわれています。これを文化文政(1804〜1829)の頃、金屋町の大石藤五郎が、伝承発展させて加賀万歳として定着したものです。
万歳の形式は、太夫・主人・才歳が掛け合いで祝言ものを唄い舞うものですが、舞う前に前咄があって興をそえます。
加賀万歳は能楽の影響を受けていて、舞いや語りがユーモアのある中にも品格があります。歌詞は60余番あるうち、番物、拍子物、流しにわかれ、舞い方には式舞、曲舞、所作舞があります、演目の親しまれているものとして、式三番叟、北国下道中、婚礼道具尽し、金沢町尽しなどがあります。

加賀万歳

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp