本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から金沢素囃子
印刷用ページを表示する
 

金沢素囃子

無形文化財 :芸能
金沢素囃子(かなざわすばやし)

所在地 金沢市内
市指定文化財 昭和55年10月11日指定

素囃子とは、長唄、常磐津、清元などの邦楽や舞踊から囃子のみが独立した、唄の入らない演奏のみの形式のものをいいます。囃子の演奏に用いる楽器は小鼓、大皷、笛などで通常絃楽器は含みませんが、三味線(さん絃)は例外とされています。
現在、金沢における素囃子は明治後期に確かなものとなり、今日望月、堅田両派ともに継承されていますが、従来それぞれで発表していたものを昭和53年に金沢素囃子保存会を結成し、共通の場で行うこととしました。
金沢素囃子は加賀百万石の伝統文化のひとつとして、その格調の高さ、優美華麗さ、技能水準の高さにおいても全国的にも上位にあり、地方的特色が顕著な芸能といえます。
優れた囃子演奏技術である金沢素囃子は、長唄、常磐津、清元などの演目において、唄とあわせて演じられることが一般的となっています。

金沢素囃子

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。