本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から小坂神社本殿
印刷用ページを表示する
 

小坂神社本殿

有形文化財 建造物
小坂神社本殿
(こさかじんじゃほんでん)

所在地 金沢市山の上町42番1号
市指定文化財 平成26年10月14日指定
  小坂神社は、旧城下の北郊、山の上町に位置する古社であり、金沢五社のひとつとして広く知られています。社伝によれば、養老元年(717)に鎮座し、中世には小坂荘(奈良春日大社領)の総社であったと考えられています。文明年間(1469-87)の一揆により社殿を悉く焼失し、寛永13年(1636)、郷民が現在の社地に社殿を再興したと伝えられています。現在の本殿は、その後の貞享5年(1688)に再建されたことが、当社文書に記され、向拝の虹梁形頭貫、海老虹梁に見られる細部意匠には、その頃の様式が見られます。
  神社建築は、奇数間が一般的ですが、当本殿は、四間社流造という珍しい形式です。また、向拝は四間とはせずに三間とし、向拝中央間のみに浜床と木階を設けています。現在の塗装の下には古い塗装が確認でき、当社文書より、宝永3年(1706)に寄進された「チャン塗」である可能性があります。「チャン塗」とは松脂や胡麻油を調合した塗料で、18世紀初頭から全国に普及したと考えられており、全国的に見ても宝永年間が早い事例とされています。
  以上のことから、小坂神社本殿は、市内で数少ない17世紀後期に遡る遺構として、年代判定の指標となる細部意匠を残すなど、本市における神社本殿建築として貴重な建造物といえます。

本殿
本殿

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。