本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から松山寺本堂・山門
印刷用ページを表示する
 

松山寺本堂・山門

有形文化財 建造物
松山寺本堂・山門 附棟札3枚
(しょうざんじほんどう・さんもん つけたりむなふだ 3まい)

所在地 金沢市東兼六町5番6号
市指定文化財 平成26年4月11日指定
円通山松山寺は、東兼六町に位置する曹洞宗寺院です。慶長4年(1599)、横山家二代長知が一庵を草創し、融山和尚を招き、元和3年(1617)、現在地に寺地を拝領して建立したのを開創とされています。開創にあたり長知は、初代長隆の法号から松山の字を採り松山寺とし、横山家の菩提寺としました。
本堂は、正面桁行九間(実長十一間)、梁行七間(実長八間)と規模が大きく、屋根は寄棟造平入り、桟瓦葺きとし、正面に向唐破風造の向拝を設けています。宝暦9年(1759)の大火焼失後、天明8年(1788)に再建されたことが棟札により確認されるとともに、18世紀後期の曹洞宗本堂の大間・内陣の発展過程を示す指標として貴重です。
山門は、切妻造、桟瓦葺きの一間一戸薬医門です。化粧棟木に打ち付けられている棟札に、文政5年(1822)、「再建惣門」とあり、建立年代が判明しています。装飾性を抑えた、木太く重厚な造りが、加賀八家横山家菩提寺の表構えに相応しい存在感を示し、小立野寺院群の代表的な門として、地区の景観に寄与しています。

本堂
本堂

正面
正面(山門)

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。