本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から旧つちや
印刷用ページを表示する
 

旧つちや

有形文化財 建造物
旧つちや(きゅうつちや)

所在地 金沢市主計町216番(住居表示 主計町2番3号) 
市指定文化財 平成25年4月11日指定

旧つちやは、主計町の浅野川沿いに建つ、茶屋様式の町家建築です。表通りに面して正面玄関を構えていますが、裏通りにも面しています。建築年代は、大正2年とされています。主計町の往時の賑わいを今に伝える茶屋建築として、典型的な間取りをよく残し、大正期の茶屋建築の形式を示す一つの指標となる建物で、その意匠的価値も高く評価できます。
正面構成も間取りも、典型的な茶屋形式の建築ですが、東山の茶屋建築と比較すると、間口が狭く、かつ中庭や付属屋を持たず主屋のみである点に特徴があります。主計町は浅野川岸の段丘面に位置し、表通りと裏通りの間隔が狭いことから、建物が表裏両通りに面することとなり、東山のように背割り型の敷地になりませんでした。そのため、表裏から採光・換気が可能となり、中庭の必要がありませんでした。また、二階の動線を最小限とし、間口二間半を二室に分け、ともに床を備えた小座敷とする点には、間口の狭さを克服する工夫が見られます。それでも、芸妓の生活空間の確保は困難であったことから、アマも活用されたと推定されます。

北正面外観
北正面外観

南背面外観
南背面外観

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。