本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から紙本著色双鶏図衝立
印刷用ページを表示する
 

紙本著色双鶏図衝立

有形文化財 美術工芸品:絵画
紙本著色双鶏図衝立(しほんちゃくしょくそうけいずついたて)

所在地 金沢市里見町 個人蔵
市指定文化財 昭和53年4月11日指定

この絵は加賀藩のお抱え絵師佐々木泉景の代表作の一つです。 縦126.5cm・横126.5cmで、製作年代は江戸時代の後期頃と推定されています。
中央に立つ軍鶏は、その勇姿を表すかのように形を整え、片足を揚げ、顔を振り向けて後ろの雌鳥をいつくしんでいます。それらの様子を的確にとらえ、よくその動作を表現しています。描法も新味を加え、練達した細線で精密に仕上げ、また著色も温雅で品格を備えた画面となっています。筆者の独創的な製作態度が十分表現された貴重な作品といえます。裏面は、金の砂子地に著色で秋草を描いた図柄で、萩を主題に葛の花、竜胆、桔梗、黄葵、薄、女郎花、野菊をあしらって画面をまとめ、装飾的に仕上げています。
佐々木泉景は江沼郡大聖寺(現加賀市)に生まれ、通称熊次郎、守継・彩雲と号しました。京都に登り石田幽汀について画法を学び、のち法眼鶴沢探索の門人となりました。1801(享和元)年、師の探索が禁裏御用の命を受け、師に従い法橋に叙せられ、のち、加賀藩に招かれて金沢に居住しました。1821(文政4)年法眼にすすみ、1847(弘化4)年医師格をもって遇せられました。狩野派風の筆致の中にも、精密な描写に基づく草花、花鳥画に優品があります。

紙本著色双鶏図衝立

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。