本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から共筒茶杓(本多安房守宛贈筒)
印刷用ページを表示する
 

共筒茶杓(本多安房守宛贈筒)

有形文化財 美術工芸品:工芸品
共筒茶杓(本多安房守宛贈筒)
(ともづつちゃしゃく・ほんだあわのかみあておくりづつ)

所在地 金沢市本多町3丁目2番29号 金沢市立中村記念美術館
市指定文化財 平成21年12月11日

小堀遠州(1579~1647年)は、幕府の要職にありながら茶人としても活躍し、武家の格式にふさわしい茶風を立てて茶道遠州流の祖となった人物です。加賀藩との関わりも深く、三代藩主利常、四代藩主光高は遠州に茶の湯を学びました。
この茶杓は、中節以下の幅が平行で、中節から上がまっすぐ広がり、櫂先(かいさき)は蓮弁(れんべん)形になっています。この端正な姿と、節上に流れるように見える縞模様の景色が好対照をなし、遠州の綺麗寂(きれいさび)好みがよく表れたものとなっています。筒に書かれた「本安房守様 小堀遠江守」の墨書により、遠州から加賀藩重臣の本多政重(1580~1647年)に贈られたことが分かります。
本多政重は、茶の湯を金森宗和(かなもりそうわ)に学び、宗和から贈られた「古瀬戸金森肩衝茶入」(MOA美術館蔵)、藩主から拝領した「村雨の壺」(藩老本多蔵品館蔵)や「唐物蒲生肩衝茶入」(中村記念美術館蔵)など茶道具の名品を所持していました。
この茶杓が遠州から政重に贈られた経緯は定かではありませんが、政重は寛永2年の遠州の茶会に招かれており、遠州と接する機会は少なくなかったと思われます。
遠州の作風がよく表れた名作として、美術的価値が高いばかりではなく、遠州との関わりが深かった加賀藩の茶道の歴史を伝える歴史資料としても価値が高いものといえます。

共筒茶杓(本多安房守宛贈筒)

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。