本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から本願寺金沢別院山門
印刷用ページを表示する
 

本願寺金沢別院山門

指定保存建造物:本願寺金沢別院山門
(ほんがんじかなざわべついんさんもん)

所在地 金沢市笠市町2番47号
指定保存建造物 平成13年9月21日指定

本願寺金沢別院の創立には諸説ありますが、「金沢別院沿革史」によれば、延元4年(1339)に第3代覚如が加賀の国に巡錫の際、現在の金沢城本丸の位置に草庵を建立して本源寺と号し、第2代如信の13回忌を勤めたことに始まるとされます。本源寺は加能越三州の浄土真宗根本道場として、別名「御山」と尊称され、後に本願寺の別坊(御山御坊)とされ、浄土真宗の拠点となりました。天正8年(1580)、佐久間盛政に攻め滅ぼされましたが、前田利家の金沢入城後の天正11年(1583)、寺地を袋町(尾張町2丁目・安江町)に賜り再建しました。慶長16年(1611)、3代藩主利常から現在の寺領を拝領して伽藍再建に着手、元和元年(1615)、本堂が完成しました。
山門は切妻造りの四脚門で、左右に脇門を設け前後に大きな軒唐破風をつけます。軸部は全て円柱、組物は実肘木付の三ツ斗で、格天井を張ります。屋根は本瓦葺きです。建築年次は明治26年(1893)と比較的新しいのですが、正統的なもので細部も多彩です。

本願寺金沢別院山門(ほんがんじかなざわべついんさんもん)

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。