本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から福久屋石黒傳六商店
印刷用ページを表示する
 

福久屋石黒傳六商店

指定保存建造物:
福久屋石黒傳六商店(ふくひさやいしぐろでんろくしょうてん)

所在地 金沢市尾張町1丁目10番8号
指定保存建造物 平成5年10月21日指定

石黒傳六家は、現当主で20代になるという古い名家で、7代目から代々傳六を襲名しています。家の建築年代は、普請帳から嘉永5年(1852)と考えられます。
間口はもと13間で、左側7間が2階建て、右側6間が平屋の町家でしたが、大正15年、家の右側に西洋館を建てるときに右側3間が削られ、現在は間口10間です。表構えは低2階建てで、大屋根は腕木構造、2階壁面は白漆喰塗で塗りごめ虫籠(ムシコ)窓になっており、袖壁が付いています。
古い部分は、吹き抜けのある通り庭部分と、奥の仏間と座敷です。通り庭には今も古い竈、井戸、流しが残されています。座敷は長押を入れない簡素な造りですが、数寄屋の手法を取り入れ、洗練された味わいをもっています。
明治期の写真を見ると、1階は通り庭の半分の1間の大戸と店5間の蔀戸は開放され、間口全体に下がり(サガリ)がつけられ、その下にのれんが掛けられていました。右側6間は、屋根は1段低く平屋となり、大正末期に西洋館になった部分も含め、6間にわたって簀虫籠(スムシコ)でした。
石黒家は、改造は多いものの、建築年代のはっきりした大型の由緒ある名家であり、古い時代の良質な商家の竈、井戸、流しがそのまま残されているのは金沢で唯一と言ってもよく、高い価値があります。

福久屋石黒傳六商店(ふくひさやいしぐろでんろくしょうてん)

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。