本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から山錦楼
印刷用ページを表示する
 

山錦楼

指定保存建造物:山錦楼(さんきんろう)

所在地 金沢市寺町5丁目1番38号
指定保存建造物 平成7年4月11日指定

山錦楼は、初代が野田町から現在地へ移転した大正11年(1922)に建築されたといわれています。2階建ての町家が建ち並んでいた一角で現在の正面左側にあたる3軒分を客座敷向きに改築したのが大正14年(1925)頃、さらに3階部分を建て増しして継いだのが昭和11年(1936)頃といいます。この建物では正面玄関の1~2階が最も古い部分を残しています。
大正末~昭和初期にかけて、金沢では、本2階建てをしのぐ2階建ての料亭・旅館が、営業スペースの拡大を目的に数多く新築されていました。それに刺激され、3階建ての建物にしたものと考えられます。犀川河岸の段差ある敷地に立つため、河岸から見ると4階建てとなっています。
平面構成は、1階は主に客の待合や帳場と料理場などで占められ、2階から上に座敷がいくつか並び、特に大広間は各階に1間ずつ設けられています。2階の大広間(39.5畳)は格天井で色壁はグリーン、3階の大広間(21畳)は竿縁天井で壁色はコバルトブルーです。3階の方が時代がやや新しいだけに、付け書院、床脇の棚、欄間などの意匠に技巧が目立ちます。また地下階は客用便所や使用人のための部屋などがあります。外観は町家建築からの発展形を基調とした意匠でまとめられています。数回にわたって建て増しされ、組み込まれた部分も、全体の中では違和感なく連続しており、いやみのない端正な意匠となっています。複数の町家を融合させ、長期にわたって構成されてきたユニークな建物です。

山錦楼(さんきんろう)

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。