本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産の中の歴史遺産保存の取り組みから用水・字地・街道一覧
印刷用ページを表示する
 

用水・字地・街道一覧

用水

用水名 よみがな 由来説明文 設置場所 番号
泉用水 いづみようすい藩政初期からある農業用水で犀川から取水し、旧石川郡米丸村増泉、三馬村泉、同西泉の田畑をうるおしていた。本支流とも細かく枝分かれして今も町中を流れている。白菊町6−5先402
詳細・写真を見る
中村高畠用水 なかむらたかばたけようすい藩政初期からある農業用水で犀川から取水して旧石川郡米丸村中、同高畠などに灌漑していたが、大正7年二つの水路が合併され、水門が一つになった。白菊町13−30403
詳細・写真を見る
旭用水 あさひようすい浅野川左岸から取水している唯一の用水で、旭町に通じているのでこの名がついた。かつては一帯が牛坂村だったことから牛坂用水の別名もあった。旭町3−1−25先405
詳細・写真を見る
金浦用水 かねうらようすい藩政期からある用水で浅野川から取水し、旧金浦郷と呼ばれた地域一帯を潤していたことからこの名がついた。田上2−160先414
詳細・写真を見る
小橋用水 こばしようすい元禄年間、城下町の防衛などの目的で築造された用水で、旧水車町では、精米、製油などの水車をまわしていた。かつては、小橋上流付近に、竹製の蛇籠に石を詰めて造られた瀬木が設けられていた。元町2−146416
詳細・写真を見る
中島用水 なかじまようすい元禄11年、藩命により完成されたといわれる用水で、かつては旧中島町の浅野川岸から取水していたのでこの名がついた。昌永町10−23先415
詳細・写真を見る
辰巳用水 たつみようすい金沢城水の不足を補うため寛永9年、藩命により板屋兵四郎が完成したといわれる用水で、犀川上流上辰巳村から取水し、金沢城二の丸に導水、城下に流した。後取入口が変わり、兼六園の曲水などにも用いられている。この付近の地下にも水管がある。飛梅町3−31407
詳細・写真を見る
旧西外惣構堀 にしそとそうがまえぼり慶長15年、三代藩主利常が篠原出羽守一孝に命じて掘らせた金沢城の外堀で、城の西側にある。本多町3丁目から始まり香林坊、長町に進み鞍月用水と共用され、升形を経て浅野川まで、長さ約2,800メートル、城側に土居を盛り、竹藪を配していた。広坂1−1−1408
詳細・写真を見る
大野庄用水 おおのしょうようすい藩政期からある用水で、犀川から取水し、旧石川郡大野庄の灌漑、物資運搬、市街地の防火防ぎょ、融雪などのための多目的用水で、御荷川、鬼川、オホノヒ川の別名があり、下流は木曳川という。今も庭に「やり水」するなど、城下町に景趣をそえている。長町1−3−32先409
詳細・写真を見る
旧東内惣構堀 ひがしうちそうがまえぼり金沢城防備のため、二代藩主利長が慶長4年に高山右近に命じて掘らせた東側の内堀である。旧小尻谷町から始まり橋場町を経て浅野川まで長さ約1,300メートル、城側に土居を盛り竹藪を配していたが、今はその面影は殆どない。小将町1−15先410
詳細・写真を見る
鞍月用水 くらつきようすい犀川の上菊橋上流右岸から取水する用水で、藩政初期に改修されたという。一部区間は金沢城の外堀に利用され、精米、製油などの水車をまわし、灌漑用水に使われた。鞍月地区を通ったのでこの名がついた。倉月用水とも書かれ、上流は玄蕃川、源兵衛川の別名もあった。長町1−10−35先411
詳細・写真を見る
旧東外惣構堀 ひがしそとそうがまえぼり慶長15年、三代藩主利常が篠原出羽守一孝に命じて掘らせた金沢城の外堀で、城の東側にある。八坂から始まり材木町を経て浅野川まで、長さ約1,400メートル、城側に土居を盛り、竹藪を配していた。橋場町6−1先412
詳細・写真を見る
旧西内惣構堀 にしうちそうがまえぼり金沢城防備のため、二代藩主利長が慶長4年に高山右近に命じて掘らせた西側の内堀である。旧上松原町から始まり尾張町2丁目を経て浅野川まで約1,600メートル、城側に土居を盛り、竹藪を配していたが、今はその面影は殆どない。尾張町2−6−22413
詳細・写真を見る
勘太郎川 かんたろうがわ辰巳用水の分流で、かつて石引町地内に勘太郎という人物が住んでいたことからこの名がついたといわれるが定かではない。旧百姓町などでは、製糸、製粉などの水車をまわしていた。菊川2−25−12406
詳細・写真を見る
寺津用水 てらつようすい寛文5年、藩命により完成されたといわれる用水で、犀川最上流に位置し、末町・土清水辺りの台地を灌漑していた。今は水力発電や、上水道としても利用されている。永安町6先404
詳細・写真を見る
長坂用水 ながさかようすい寛文11年、藩命により完成されたといわれる用水で、犀川支流の内川から取水し、旧泉野村など寺町台地一帯を灌漑していた。この用水の完成により、旧泉野村での米作が可能になったといわれる。長坂3−1521先401
詳細・写真を見る

ページトップへ

字地

字地名 よみがな 由来 場所 番号
六斗の広見 ろくとのひろみ広見というのは藩政時代、延焼を防ぎ大火としないための町づくりの一つとして設けられたものであり、金沢のあちこちにあった。地名は、加賀国住人林六郎光明の郎等六動太郎光景に由来し、ここから六動林、六斗になったといわれている。寺町5−6−38先501
詳細・写真を見る
川御亭 かわおちん藩政時代、付近に加賀藩の老臣本多安房守の御亭があり、近くに鞍月用水が流れていたことから川御亭と呼ばれたという。明治4年、この辺りは上本多町川御亭という町名になった。菊川2−23−12502
堂形前 どうがたまえ加賀藩初期、京都の三十三間堂の「通し矢」を模した練習場があり、これを堂形と呼んだ。のち、そこに米倉が建てられた。広坂2−1−1503
詳細・写真を見る
香林坊 こうりんぼう加賀藩初期、叡山の僧、香林坊が還俗して向田兵衛の婿となり目薬屋を営んでいたのが地名の起りである。北陸道の要しょうで城の外かくの惣構門があり、番人が夜間通行の取締りをしていた。片町1−18504
賢坂辻 けんさかつじ久保市乙剣宮と椿原神社の氏子の地境であり、また丘陵地の先端でもあることから昔は剱先が辻と呼んだが、明治4年、賢坂辻と改めた。扇町15−1先505
懸作 かけづくり加賀藩初期から上期にかけて、この土地で掛作の仮屋を設けて商売をするものがいたのでこの名で呼ばれ、その後橋場町になった。尾張町4−11506
武蔵辻 むさしがつじ加賀藩時代に藩の重臣、中川武蔵守の屋敷が付近にあったことや、また、家柄町人の武蔵庄兵衛や矢師の武蔵が住んでいたことなどからこの名で呼ばれており、藩政のはじめから交通、商業の要しょうである。武蔵町15−1先507
升形 ますがた加賀藩時代、宮腰口の要しょうで、門と堀と石垣などが配された升形があった。升形はほかにもあったが、ここだけが地名となっている。武蔵町17−22508
詳細・写真を見る
旧古道木揚場 ふるみちきあげば藩政時代、宮腰(金石)から船で材木を運搬し、陸揚げしたところなのでこの名がついた。三社揚場ともいった。中橋町88−1先509
堀川揚場 ほりかわあげば加賀藩時代から大正初期まで、浅野川を川舟で運んできた物資を荷揚げした場所だったのでこの名で呼ばれた。瓢箪町10−12先510
関助馬場 せきすけばば加賀藩初期、佐賀関助が開いた長さ約300メートル、幅約24メートルの藩士の調馬場があったのでそれを地名にした。東山3−18−17511

ページトップへ

街道

街道名 よみがな 由来 場所 番号
旧北国街道 ほっこくかいどう古代には北陸道(ほくろくどう)と呼ばれ、日本海側の主要道路であった。加賀藩主の参勤・交代では、ほとんどこの道を通行した。大樋町3−11先
春日町10−15先
山の上町32−8先
601

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。