本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から浅野川大橋詰火の見櫓
印刷用ページを表示する
 

浅野川大橋詰火の見櫓

国登録有形文化財 建造物
浅野川大橋詰火の見櫓(あさのがわおおはしづめひのみやぐら)

所在地 金沢市東山3丁目1番2号先
建築年代 大正13年/昭和46年改造
登録年月日 平成17年11月10日登録
登録基準 三 再現することが容易でないもの
備 考  

市内に現存する最古の火の見櫓です。浅野川大橋の北詰にあり、鋳鉄製銘板から、施工は市内の高田商会です。手摺を含めると高さ約11m、三角形平面の鉄骨造で、柱や横材等は山形鋼を用い、筋違は鋼棒とし、部にアーチを使い、大型鉄骨造の櫓とします。

浅野川大橋詰火の見櫓

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。