本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の金沢の景観から樋俣用水
印刷用ページを表示する
 

樋俣用水

樋俣用水

【延長】約3.7km
【完成年】不明

【成り立ち】大野庄用水と同様、元々は自然の川に近い姿だったものが、次第に用水として整備されてきたものだと推測される。藩政時代には木曳川と同様に、木材を木揚場まで運ぶ水上輸送路として利用されたという。大野庄用水の分水の中でも特に大きい灌漑区域を有している。

【現在】鞍月用水と大野庄用水の合流地点である「木揚場」の下流側で取水している。長田小学校沿いでは、長田菅原神社境内の樹木が緑陰を与え、潤いのある景観が見られる。金石街道沿いで2つに分水し、道路の両側に沿って流れ、藤江、松村や畝田地内などの水田を潤している。


マップに戻る

問い合わせ先

文化スポーツ局 歴史都市推進課
電話番号:076-220-2208
FAX番号:076-224-5046
rekishitoshi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。