本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の金沢の景観から寺津用水
印刷用ページを表示する
 

寺津用水

寺津用水

【延長】約10.7km
【完成年】寛文5年(1665)

【成り立ち】正保3年(1646)、浪人・田中覚兵衛が藩に言上し、その後、寛文4年(1664)に改作奉行の指揮の下で工事が始められ、翌年完成した。現在の末町・土清水町辺りの台地を灌漑するために造られた用水で、犀川最上流に位置し、辰巳用水以上に長いずい道(現存)を通っているのが特徴である。明治33年(1900)、用水の水を利用した金沢市最初の発電所・辰巳発電所が完成し、送電を開始。その後昭和46年(1971)、金沢市営の新辰巳発電所が完成し、営業運転を始めた。また、昭和5年(1930)以降、金沢市内の上水道としても利用されている。

【現在】犀川上流の犀川ダム下流右岸で取水している。末町から舘町地区の山すそを巻くように流れている。周辺には豊かな自然が残されており、用水沿いには遊歩道が整備されている。


マップに戻る

問い合わせ先

文化スポーツ局 歴史都市推進課
電話番号:076-220-2208
FAX番号:076-224-5046
rekishitoshi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。