トップページ 用語集/参考資料 お知らせ/実施実績

金沢版交通環境学習

交通環境学習とは交通環境学習の流れと種類発展版学習プログラムとは学習プログラム使用教材はこちら
トップページ > 交通環境学習の流れと種類
交通環境学習の流れと種類

交通環境学習の流れと種類

交通環境学習は、「導入版」と「発展版」に分かれています。

自転車安全教室に合せて、バスの乗り方や交通と環境の関係について学びます。
対象3年生(市内全小学校)
実施方法自転車安全教室に合せて実施
「バスの乗り方説明」と「交通と環境」のDVDによる学習
実施者教員が実施

導入版交通環境学習は、自転車安全教室の開催に合わせ、市内全小学校3年生において実施されます。

事前学習としてDVDを使って学習し、神田交通公園の送迎の貸切バス(路線バス車両)において学習したことを実践します。


導入版での学習を基に、交通と環境についてさらに理解を深めることができます。
対象4~6年生(市内希望小学校)
実施方法3つの標準パッケージを準備
教育委員会イントラネット(sa@school)から教材等を取得
実施者教員が実施
(希望校へは金沢市が出前授業実施)

発展版交通環境学習は、導入版で学習したことを基本に、4~6年生において交通と環境についてさらに理解を深めることができます。

いくつかの小プログラムや、小プログラムを組み合わせた標準パッケージを用意しており、二酸化炭素濃度を測定したり、すごろくゲームをしながら交通と環境の関係についてより詳しく学習できます。

また、教材の貸し出し・提供や市による出前講座支援が準備されています。