本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の届出・税の中の市税の中の個人市・県民税から住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)
印刷用ページを表示する
 

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)とは

 平成21年から令和3年までの間に居住した方で、所得税の住宅ローン控除に該当し、住宅ローン控除額が所得税から控除しきれなかった場合は、所得割額から控除します。なお、平成19年、20年に入居した場合は、市民税・県民税での住宅ローン控除は適用されません。

控除額

 所得税の住宅ローン控除可能額が所得税額より大きく、控除しきれない分が生じる場合には、その分を下記の表の控除限度額の範囲内で個人市・県民税から控除します。
居住開始年月と控除限度額 
居住開始年月 控除限度額
平成21年1月から平成26年3月まで所得税の課税総所得金額等の5パーセント(最高97,500円)
平成26年4月から令和3年12月まで所得税の課税総所得金額等の7パーセント(最高136,500円)
 なお、平成26年4月以降に入居した方でも、住宅の取得等の対価の額または費用の額に含まれる消費税の税率が8パーセントまたは10パーセントでない場合は、所得税の課税総所得金額等の5パーセント(最高97,500円)が控除限度額となります。

申告期限

申告期限は3月15日です。(土曜、日曜の場合は翌開庁日)
 なお、確定申告での住宅ローン控除の手続きについては、最寄りの税務署にお問い合わせください。
 (市役所では手続きできません。)
 
 ※平成30年度分以前の住宅ローン控除の適用について
  納税通知書等の送達までに住宅ローン控除について記載された申告書や給与支払報告書が提出されていない場合、
  市民税・県民税では住宅ローン控除の適用はできませんのでご注意ください(地方税法本法附則第5条の4の2)。

問い合わせ先

総務局 市民税課
電話番号:076-220-2161
FAX番号:076-220-2154
shiminzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。