本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の届出・税の中の市税の中の個人市・県民税の中の税制改正についてから公的年金からの特別徴収制度の見直しについて
印刷用ページを表示する
 

公的年金からの特別徴収制度の見直しについて

 公的年金からの特別徴収制度の見直しが行われ、平成28年10月以降に実施する本徴収より、下記のとおり制度が改正されます。

①仮徴収税額の算定方法の見直し

 年間の公的年金からの特別徴収税額の平準化を図るため、仮徴収税額(4・6・8月)を、前年度分の公的年金等の所得にかかる個人住民税の2分の1に相当する額とします。

 
改正前(~平成28年8月) 改正後(平成28年10月~)
仮徴収税額(4・6・8月)
 =(前年度の本徴収税額)÷3

本徴収税額(10・12・2月)
 =(年税額-仮徴収税額)÷3
仮徴収税額(4・6・8月)
 =(前年度の年税額×1/2)÷3

本徴収税額(10・12・2月)
 =(年税額-仮徴収税額)÷3

例:個人住民税が60,000円の場合
 
年度    年税額 改正前 改正後
仮徴収税額 本徴収税額 仮徴収税額 本徴収税額
4月 6月 8月 10月 12月 2月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
60,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
N+136,000円
(医療費控除の増)
10,000円2,000円10,000円2,000円
N+260,000円2,000円18,000円6,000円14,000円
N+360,000円18,000円2,000円10,000円10,000円

②他市町村へ転出した場合の公的年金からの特別徴収の継続

 転出された場合は、以下の要件の下、特別徴収を継続します。

・1月2日から3月31日までに転出した場合、転出した年度の本徴収および翌年度の仮徴収を継続し、翌年度の本徴収を停止
・4月1日から9月30日までに転出した場合、転出した年度の仮徴収および本徴収を継続し、翌年度の仮徴収を停止
・10月1日から1月1日までに転出した場合、転出した年度の本徴収を継続し、翌年度の仮徴収を停止

③税額の変更があった場合の特別徴収の継続

 市町村長が年金保険者に対して、公的年金から特別徴収する通知をした後に特別徴収税額を変更する場合、12月と2月分の本徴収に限り、変更後の本徴収税額によって継続することとなります。

問い合わせ先

総務局 市民税課
電話番号:076-220-2161
FAX番号:076-220-2154
shiminzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。